左から永瀬正敏、河瀬直美、ジュリエット・ビノシュ

写真拡大

河瀬直美監督の新作映画『Vision』が2018年に全国で公開される。

【もっと画像を見る(3枚)】

ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏がダブル主演を務める同作。世界を旅しながら紀行文を執筆しているフランスのエッセイスト・ジャンヌが奈良を訪れ、現地で出会った山守の男・智と言葉や文化の壁を超えて心を通わせていく、というあらすじだ。撮影は全編にわたって河瀬直美監督の故郷・奈良で行なわれる。

『Vision』の企画は、今年5月の『第70回カンヌ国際映画祭』の公式ディナーで、河瀬直美と同作のプロデューサーであるマリアン・スロットが偶然に同席となったことをきっかけに始動。スロットが河鶸篤弔縫咼離轡紊魄き合わせ、2人が意気投合したことから6月には制作が決定し、監督がオリジナル脚本の執筆に取り掛かったという。

河瀬監督はビノシュについて「ジュリエットの映画に対する姿勢とフレームの中の存在感は圧倒的です。彼女もやらなければいけない映画という使命と運命を感じてくれていて、日本の奥深い森に来るのは永年の夢だったと聞きました。これからの撮影が楽しみです」とコメント。

一方のビノシュは河瀬監督について「カンヌ国際映画祭で初めて河瀬監督に会い、彼女の存在感に圧倒されました。監督の作品は拝見していますが、作品で彼女はいつも自然に寄り添い、人のことを愛していますね」と語っているほか、「昔から、日本の、特に地方を訪れてみたいと思っていました。その土地に住んで、その地域の人たちの生活に触れてみることを夢見ていましたが、今回、その夢が叶いましたね」と明かしている。

またこれまでも河瀬監督の作品に出演している永瀬は「今年のカンヌ国際映画祭で偶然にも出逢った3人が、僅か3ヶ月後同じゴールを目指し未来へ向かっている、、、。日本を代表する、フランスを代表する、と言う肩書きにはもはや収まらない河鹹照監督とジュリエット・ビノシュさんと共に、しっかりとその未来を見つめたいと思っています」とのコメントを寄せている。

■ジュリエット・ビノシュのコメント
今年のカンヌ国際映画祭で初めて河瀬監督に会い、彼女の存在感に圧倒されました。監督の作品は拝見していますが、作品で彼女はいつも自然に寄り添い、人のことを愛していますね。フランスで河瀬監督の作品は非常にリスペクトされていて、彼女が紡ぐ表現方法などとても独特で素晴らしいと感じていました。私は昔から、日本の、特に地方を訪れてみたいと思っていました。その土地に住んで、その地域の人たちの生活に触れてみることを夢見ていましたが、今回、その夢が叶いましたね。都会では何も感じることができないけれど、こうして人間のルーツに戻るべきだと改めて思いました。今作の撮影で、実はハリウッド映画の撮影に入っていたのですが、自然のタイミングに合わせスケジュールを調整しました。ここ奈良では自然に囲まれた中で最高に贅沢な時間を味あわせてもらっています。神様へのお祈りにも参加させていただき、地球、世界と繋がっていることを再認識することができ、とても感動しました。

■永瀬正敏のコメント
まず再び奈良の地で河鶸篤弔寮こΔ某擦蕕擦督困韻觧、とても光栄です。今年のカンヌ国際映画祭で偶然にも出逢った3人が、僅か3ヶ月後同じゴールを目指し未来へ向かっている、、、。日本を代表する、フランスを代表する、と言う肩書きにはもはや収まらない河鹹照監督とジュリエット・ビノシュさんと共に、しっかりとその未来を見つめたいと思っています。

■河瀬直美監督のコメント
今年のカンヌでジュリエット・ビノシュに出逢い、彼女とともに「映画」を創りたいと思った瞬間から、全ての準備がパズルのピースように次々と奇跡的にはまっていき、カンヌから帰国して3ヶ月ほどで、ゼロからの企画がこうして立ち上がりました。ジュリエットの映画に対する姿勢とフレームの中の存在感は圧倒的です。彼女もやらなければいけない映画という使命と運命を感じてくれていて、日本の奥深い森に来るのは永年の夢だったと聞きました。これからの撮影が楽しみです。