謎めいた展開を予感させる

写真拡大

 SF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)の続編「ブレードランナー 2049」の日本版ポスターが、完成した。

 前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務め、新たに「メッセージ」「ボーダーライン」「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ監督を起用した本作。2019年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”の追跡劇を描いた前作から30年後。現役捜査官のK(ライアン・ゴズリング)が30年間行方不明だったデッカード(ハリソン・フォード)を探すところから物語が始まる。

 ポスターには、前作に引き続き登場するデッカードとKといった新旧のブレードランナーのほか、キーキャラクターの科学者ウォレス(ジャレッド・レト)らが描かれている。中でも目を引くのは「知る覚悟はあるか――。」というキャッチコピー。第1作の公開後、ファンの間でさまざまな憶測を呼んできた本作だけに、続編で何かしらの言及があるのか、期待が高まるところだ。なお、本作ではデッカードの抱えるある秘密も明かされるという。

 本作の舞台は前作から30年後となっているが、その間にレプリカントは制約のない寿命を持つように改良されたという。しかし、2022年にアメリカ西海岸で原因不明の大規模停電が発生し、財政や市場は世界的に停止、食物の供給は切迫。世の大半がそれを“レプリカントが原因”と非難したことで、社会ではレプリカントの製造を禁止する法令が出された。だが、ウォレスが25年に遺伝子組み換え食物を開発したことから、食糧難は終わりをつげ、平和が訪れたかのように見えた。人類を救ったウォレスは以前レプリカントを製造していたタイレル社の負債を買い取り、36年の“レプリカント禁止法”の廃止と共に、新型レプリカントの製造を始めた、という流れだ。

 そして本作の舞台となる49年に、ロサンゼルス市警の“ブレードランナー”Kは、違法レプリカントの処分任務にあたる最中、ウォレスの巨大な陰謀を知り、カギを握る人物としてデッカードのもとを訪ねたことから、2人に危機が訪れる。

 「ブレードランナー 2049」は、10月27日から全国公開。