「コウノドリ」で初共演する佐々木蔵之介&綾野剛
 - (C)TBS

写真拡大

 10月13日より放送スタートする鈴ノ木ユウ原作の金曜ドラマ「コウノドリ」(TBS系・夜10時〜)に佐々木蔵之介が出演、主演の綾野剛と初共演することが明らかになった。佐々木は、綾野演じる産婦人科医・鴻鳥サクラの恩師という設定。「綾野剛くんはいろんな役を演じるのを楽しむ、幅の広い役者さんだと思います」と綾野の演技力を評価しており、対する綾野も先輩である佐々木に「お会い出来たこともそうですけど、こご一緒出来るのがすこごく光栄で。僕らの世代は佐々木蔵之介さんのことがみんな好きなので」と賛辞を贈っている。

 「モーニング」で連載中の同名ヒューマン医療漫画に基づき、産科医療の現場を描いた2015年放送のドラマの続編となる本作。佐々木が演じるのは、サクラと四宮春樹(星野源)がまだ新人だった頃の恩師で、隠久病院の院長・荻島勝秀。現在は産科過疎地の離島で総合医として働き、島の人たちから愛される存在。

 新シリーズのクランクインは島根県の隠岐の島町。ペルソナ総合医療センターに勤務するサクラがなぜ島にいるのか、詳細は明かされていないが、佐々木は「今回、先輩後輩の医師という役柄での初共演、サクラの優しい人柄にも触れ、穏やかな島でとても心地よく演じさせて頂きました」と綾野との初共演を振り返っている。

 第1話では、耳の不自由な女性、仕事への復帰を望むキャリアウーマン、2人の妊婦を診察するサクラ、四宮らの物語が描かれる。(編集部・石井百合子)

金曜ドラマ「コウノドリ」は10月13日夜10時より放送スタート(初回15分拡大)