世界最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」東京で開催、無料イベントも

写真拡大

世界最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」が2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)に東京で開催される。

クラシック音楽の祭典が丸の内・池袋で

2005年の日本初開催以来、延べ780万人が訪れた「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」。2017年に開催された「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017」では舞曲をテーマに壮大な音楽の歴史が紹介されるなど、毎年テーマに沿った内容でイベントが展開されている。

2018年はイベント名称を新たに「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」と変更し開催。これまでの東京国際フォーラムでの開催に加え、池袋の東京芸術劇場を中心に池袋西口公園、南池袋公園など新たに池袋エリアも会場として広げ、例年より規模を拡大して、新たな挑戦が行われる。

異文化との出会いから生まれた音楽

テーマは「UN MONDE NOUVEAU―モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」。異文化との出会いから生まれた様々な音楽にフォーカスを当て、壮大な歴史の中で作曲家たちの心を揺さぶった様々な出会いについて、音楽を通して表現していく。

合唱団とオーケストラによる迫力満点の演奏や初登場アーティスト

今年初開催となる池袋エリアでは、東京芸術劇場内の3会場で53公演を開催する。4日(金・祝)に行われる「グレチャニノフ:ミサ・エキュメニカ」は、池袋でしか聴けない注目の公演。合唱、オルガン、オーケストラ、独唱を総動員したミサ曲の中で抜群の存在感を発揮する、エカテリンブルク合唱団の大地を揺るがすような重低音は必聴だ。

また、イベント初登場となる、ロイヤル・ノーザン・シンフォニア注目のピアニストであるラルス・フォークトが芸術監督の英国室内オーケストラや、ヨアヒム・コンクールを制覇したヴァイオリン奏者のアレクサンドラ・コヌノヴァ、新星ヴァイオリニストのアレーナ・バーエワといったクラシックのアーティストにも注目だ。

多彩なワールドミュージック

その他、中世の地中海沿岸の多彩な音楽をベースに、独創的な音楽を奏でるカンティクム・ノーヴムや、フランスの若年層から支持を集めるピアース・ファッチーニ&トリオ、ユダヤ音楽クレズマーを代表するクラリネット奏者と弦楽カルテットのアンサンブル・ヨム&クアチュール・イクシィなど、様々なワールドミュージックのアーティストも参戦し、「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」ならではのパフォーマンスで盛り上げる。

キッズ用プログラムや無料コンサート

子供達が楽しめるキッズ用プログラムも用意。「0歳からのコンサート」や「キッズのためのシネマ・コンサート」など、親子で一緒に生演奏を体感できる貴重な機会となっている。

また、アマチュアや音大生を中心としたコンサートや、公園出演アーティストによるサプライズコンサートが東京国際フォーラム地上広場やホールE、池袋西口公園、南池袋公園で開かれたり、無料コンサートが開かれたりと、期間中は街中が音楽一色に。散歩しながら音楽を楽しめる。

詳細

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」
開催日:2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)
会場:
■丸の内エリア
東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町
■池袋エリア
東京芸術劇場、池袋西口公園、南池袋公園
チケット販売場所:東京国際フォーラムボックスオフィス、東京芸術劇場、LFJチケット販売サイト、チケットぴあ、指定プレイガイド
公演数:約400公演(有料公演約194、無料公演約200)


[写真付きで読む]世界最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」東京で開催、無料イベントも

外部サイト

  • NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」東京・大阪・鹿児島で - 肖像画や美術品、幕末の貴重な資料など
  • ホテル雅叙園東京「百段階段」で“猫づくしの展覧会”、40名の作家による800点以上のお宝猫アート
  • のん初の個展「‘のん’ひとり展 -女の子は牙をむく-」渋谷で - 絵画や立体物など展示、グッズ販売も