「野生展:飼いならされない感覚と思考」六本木で開催、現代人の"野生"を呼び起こす

写真拡大

企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」が、2017年10月20日(金)から2018年2月4日(日)までの期間、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて開催される。

本展は、日々の生活の営み、文化の創造に必要な人間の本質である「野生」にフォーカス。現代の表現者たちのもつ"野生の魅力"に触れ、現代社会の中で自らの"野生の力"をどのように見出していくのか、作品や資料を通して紐解くことを目的としている。

本展覧会のディレクターを務める思想家で人類学者の中沢新一は、長年人類の思考について研究を行ってきた。中沢は、「『野生の領域』に触れることができなければ、どんな分野でも新しい発見や創造は不可能だ」と言う。

これほどの力を秘めているのに、理性や合理性で覆われた現代の生活の中、人間の野性の感覚はその陰に隠れている。本展は、そんな現代人の心の奥底に潜んでいる「まだ飼いならされていない"野生の領域"」への接触を試みる。

【詳細】
「野生展:飼いならされない感覚と思考」
会期:2017年10月20日(金)〜2018年2月4日(日)
休館日:火曜日、年末年始(12/26〜1/3)
開館時間:10:00〜19:00(最終入場は18:30まで)
入場料:
一般:1,100円、大学生:800円、高校生:500円、中学生以下:無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1、2
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン

【問い合わせ先】
TEL:03-3475-2121


[写真付きで読む]「野生展:飼いならされない感覚と思考」六本木で開催、現代人の"野生"を呼び起こす

外部サイト

  • タグ・ホイヤー、貴重なヴィンテージウォッチ50点以上を表参道で展示 -1900年製モデルも日本初公開
  • 「道後オンセナート 2018」を道後温泉で - 蜷川実花や宇野亜喜良が旅館とコラボレーション
  • アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜二条城にて、花魁モチーフの絢爛なアートを地酒片手に城の庭で