提供:リアルライブ

写真拡大

笹野美希(27歳・仮名 イラストレーター)

 私は恋人からされる多少の束縛ならばうれしいのですが、度を過ぎるとウンザリしてしまいますね。過去に付き合ったある男は、メールや電話の履歴はもちろん、ツイッターやフェイスブックで誰と繋がったかなども必ずチェックされました。SNSなんてたまたま仕事とかで1回会った人とかと繋ぐことってあるじゃないですか。深い関係でもなんでもないのに、このアカウントの男は何者なのかと、しつこく追及されてましたね。

 でもそこまでならまだ我慢できたんです。私が無理だったのは彼は身につけているものにまで監視の手を伸ばしてきたこと。ある日、彼が私の家に泊まりにきた時、「下着増えたよね? なんで? 新しい男でもできた?」といきなり聞いてきたのです。どうやら彼は、私が目を離した隙に勝手にタンスを開けて、下着の種類をチェックし、それをすべて把握していたようなんです。それで私が新たな下着を買ったことで、別の男に見せるために買ったのではないかと、勝手な被害妄想で疑ってきたわけです。もちろんそんな理由で、下着は買っていませんし、勝手に彼がタンスを開けている姿を想像したら、かなり不快でした。

 さらに別の日、部屋で私がシャワーを浴びて、出てくると今度は「今日の下着、分泌液がいっぱい付いてて湿ってたよ。ここに来る前に誰か男と会ってきたんじゃないの?」と耳を疑うことを言われました。彼は私がシャワーを浴びている間に、脱いだ下着の内側まで観察していたんですよ。さすがにこれは怖くなりました。

 顔はかなりカッコイイ人だったんですけど、そういった性格が無理で、別れましたね。

取材/構成・篠田エレナ写真・Oneras