スタートが響いたか・・・。先週大井競馬場でおこなわれた「第24回アフター5スター賞(S)」。本命に推した目力の強さが菜々緒のようなスアデラは、スタートは良くなかったが、すぐに巻き返し2番手の位置を取る。道中は折り合いが付き、4コーナーの手応えからは好勝負になると思いきや、思ったほどの伸びが見られず5着。スタート以外はロスになるようなことはなかっただけに、スタートの遅れが響いたのでしょうか。

さて、今週は9月7日(木)に「第46回戸塚記念(S)」が川崎競馬場でおこなわれます。

 本命には印象的な瞳が高橋一生のようなブラウンレガートを推します。デビュー以来複勝圏内を外したのは前々走のJDDのみで、それも中央馬はOP勝ちや重賞で連対するなどの強力メンバーが揃った一戦で致し方なし。それでも中央馬の強いところにもまれて本馬自身もパワーアップ。次走黒潮盃では4番手の内で脚を溜め、直線は力強く抜け出して2着馬に0秒8差付けての優勝と力差は明らかです。今回は昨年12月以来の川崎参戦となりますが、その時も勝利しており問題ないでしょう。

 相手本線には、距離延長がプラスとなりそうなカンムル。今年中央から移籍してきた際は、ニューイヤーCで3着、17雲取賞1着と活躍を期待されましたが、その後は掲示板を外す競馬が続きました。前走は減っていた馬体重も増え、3コーナーからマクっていく脚は久々にこの馬らしいもの。直線での手応えは勝利を期待するものでしたが相手が悪く2着。それでもメンバー中2位の上がりを使い、3着には0秒5差付け、復活の手応えを感じさせるもの。復活さえすれば、今回も十分上位争いをするだけの力があります。

 ▲にはじわじわと力を付けてきたキングガンズラング。

 以下、キャプテンロビン、サイバーエレキングまで。

◎(6)ブラウンレガート
○(3)カンムル
▲(14)キングガンズラング
△(11)キャプテンロビン
△(10)サイバーエレキング

買い目
【馬単】3点
(6)→(3)(11)(14)
【3連複1頭軸流し】6点
(6)-(3)(10)(11)(14)
【3連単フォーメーション】6点
(6)→(3)(14)→(3)(10)(11)(14)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。