9月2日、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ2日目。日本代表はアメリカ代表と対戦。試合は0対4で完封負けに終わったが、その強力なアメリカ打線相手に渡り合うピッチングを見せたのが川端 健斗(秀岳館)である。5.2回を投げて4失点を喫したが、15奪三振。世代屈指の左腕の実力を思う存分発揮した。

【試合レポート】侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表(9月2日)【インタビュー】川端健斗(秀岳館) 「15奪三振の快投を生んだ緻密なコンビネーションと強靭なメンタル」第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ特設サイト