Microsoftはサポート文書において、近く正式リリースが見込まれるAppleのMac向け最新OS、macOS 10.13 High Sierraでは、Office for Mac 2011がサポートされないことを明らかにしました。

Office for Mac 2011のサポートは10月10日で終了

Microsoftによれば、Office for Mac 2011のWord、Excel、PowerPoint、OutlookおよびLyncはmacOS High Sierraで動作確認されておらず、今後正式なサポートも提供されません。
 
Office for Mac 2011スイートのアプリケーションのサポートは2017年10月10日に終了し、以降はセキュリティアップデートを含む一切のアップデートが行なわれず、サポートも受けることができなくなります。

Office 2016 for Macはまずバージョンを確認

「Office 2016 for Mac」についても、15.34以前のバージョンはmacOS High Sierraでサポートされていないため、一部のOfficeアプリが起動しない可能性があります。たとえばOutlook 2016 ver.15.34を立ち上げようとすると、以下のようなエラーメッセージが表示されます。
 

 
Outlook 2016 ver.15.34またはそれ以前のバージョンを使用している場合、15.35以降にアップデートすることが推奨されています。

Officeのデータは必ずバックアップ

15.35以降のバージョンであれば、基本的にはmacOS High Sierraで動作するようですが、それも100%は保証できないとMicrosoftは警告しています。
 
Office 2016 for Macユーザーは、まず現在使用しているバージョンを確認し、15.34以前のバージョンであれば最新版へアップデートしてください。またmacOS High Sierraにアップデートする前に、Officeで作成したデータのバックアップを必ず取るようにしてください。
 
 
Source:Microsoftサポート文書(英語) via 9to5Mac
Photo:Microsoft
(lunatic)