リーク情報を扱うサイトSlashLeaksが、Apple純正のiPhone8用レザーケースとされる動画を公開しました。従来の純正ケースと違ってAppleロゴの部分に開けられた穴は、ロゴへのTouch ID埋め込みに関係している可能性があります。また、スピーカーとLightningコネクターのパーツとされる画像も公開されています。

Apple純正のiPhone8用レザーケース?

SlashLeaksが、現地時間9月12日のイベントで発表が見込まれるiPhone8(あるいはiPhone Edition)用のApple純正レザーケースのものとされる動画を公開しました。
 
動画は短く、映像も鮮明ではありませんが、赤系と青系の2色のレザーケースが映っているのが確認できます。
 

 
ケースの内側には「iPhone」と刻印が入っていて、縦長のデュアルカメラとAppleロゴの位置に穴が開いているのが確認できます。

Appleロゴ部分に穴!Touch IDのためか?

従来のApple純正ケースでは、Appleロゴの部分に穴は開いていません
 
iPhone8のケースでAppleロゴの部分に穴が開いているのは、iPhone8の製品検査の様子らしき映像にあったように、Touch IDセンサーがAppleロゴに埋め込まれるためかもしれません。
 

 
なお、iPhone7/7 Plus用のレザーケースは一部の色が「売り切れ」になっており、ワイヤレス充電対応のためにiPhone7s/7s Plusのサイズが若干大型化することと関係している可能性もあります。
 

iPhone8のパーツ画像も流出

SlashLeaksは、iPhone8のスピーカーとLightningコネクターのパーツとされる画像も公開しています。この画像からは、iPhone8のデザインや機能を示す情報は得られませんが、最近iPhone8のパーツ画像の流出が相次いでおり、iPhone8の生産が本格化していることを示していると考えられます。
 
先日はL字型で複層化したiPhone8用のロジックボードや、2017年のiPhoneシリーズに搭載されるA11プロセッサの画像などが流出しています。

 
 
Source: SlashLeaks(1), (2)
(hato)