夏の新潟競馬のラストを飾るGIII新潟記念(新潟・芝2000m)が9月3日に行なわれる。一昨年のGIジャパンカップで2着と奮闘したラストインパクト(牡7歳/父ディープインパクト)をはじめ、ここをステップにして秋のGI戦線を目指す、重賞勝ち馬や重賞経験豊富な面々が顔をそろえた。

 そんな中、最も注目を集めて本命視されているのは、初の重賞タイトルを狙うアストラエンブレム(牡4歳/父ダイワメジャー)だ。


新潟記念で1番人気が予想されるアストラエンブレム

 管理するのは、美浦トレセン(茨城県)の小島茂之厩舎。母はGI秋華賞を制したブラックエンブレムという、厩舎ゆかりの良血馬である。無論、デビュー前から評価は高く、母同様の活躍が見込まれていた。

 そういう意味では、本来なら重賞のひとつやふたつ、すでに勝っていてもおかしくない。それが、3歳クラシック戦線にも臨めず、いまだ重賞未勝利。ここまで遠回りしてしまったのは、どうしてだろうか――。

 デビューは2歳7月。中京のマイル戦だった。そこでは惜しくも2着に敗れたものの、翌月の未勝利戦をあっさり勝ち上がった。そして、すかさず重賞のサウジアラビアRC(東京・芝1600m)に挑戦。勝ったブレイブスマッシュにタイム差なしの3着と好走すると、飛躍への期待が一気に高まった。が、この時点で、アストラエンブレムに”変調”は見られていた。

「体質の弱いところがあって、1回レースを使うと反動が大きく出てしまう。そのため、どうしても使い込むことができなかったんです」

 当時のアストラエンブレムについてそう語るのは、専門紙『勝馬』のトラックマン野口誠記者。実際にアストラエンブレムは、デビュー戦では470kgあった体重を、2戦目462kg、3戦目452kgと減らしていった。特に3戦目は、2カ月の間隔を取っていながら、マイナス10kgでレースに出走した。

 野口記者が続ける。

「そうした状況にありましたから、一戦、一戦が勝負。陣営もレース後のケアは入念にして、時間も十分にかけていました。それでも体質の弱さはなかなか改善されず、体重も増えないままレースで使うことになってしまい、重賞ではもうひと踏ん張りがきかずに僅差での敗戦が続いていたのでしょう」

 サウジアラビアRC後も重賞に挑戦するが、4着が精一杯。いずれも着差はわずかだっただけに、結果が出ない歯がゆさが常につきまとった。

 また、体重が増えない原因には、体質の他に気性面による影響もあった。

「この馬は、当日輸送のレースだとテンションが上がりすぎてしまうんです。ですから、美浦トレセン所属にもかかわらず、一番近い中山競馬場のレースに出走したのは、昨年春のGIIニュージーランドトロフィー(中山・芝1600m)のみ。それ以外は、新潟や関西に遠征するか、関東でも美浦所属の馬が前日入厩できる東京競馬場のレースになりますから、当然(馬体重は)輸送による影響を受けていると思います」(野口記者)

 確かにアストラエンブレムは、これまで12戦して東京が4戦、京都、中京、新潟が各2戦、阪神と中山が各1戦となっている。GI出走というわけでもないのに、12戦中5戦が関西での競馬というのは、関東馬としては珍しいケースだ。

 ただ、こうしてレース選択をうまくやりくりし、陣営の懸命なケアによって、自己条件ではきっちり結果を出してきた。そして、クラシック期間を休養にあて、さらに長い間隔をあけてレースに臨むことで徐々に体質も改善。昨年末にオープン入りを果たすと、今年に入ってからは「以前のような”ひ弱さ”が抜けてきた」と野口記者は言う。

「今年に入ってからは、体重を大きく減らすようなこともなくなって、むしろ逆に少しずつ増えてきています。ようやく、身が入るようになってきたのでしょう。また、輸送に対する気性面も改善の傾向にあって、2走前のメイS(5月20日/東京・芝1800m)では当日輸送で臨みましたが、テンションが上がる面はほとんど見せませんでした。さらに、続くGIIIエプソムC(6月11日/東京・芝1800m)では万全を期して前日輸送でしたが、中2週という今までにない間隔で使われながら、ガクッとくるようなことが一切ありませんでした」

 とはいえ、メイS、エプソムCといずれも2着。レースにおける”詰めの甘さ”が残っているというか、いまだにもうひと踏ん張りがきかないのかもしれない。新潟記念では断然の人気が予想されるが、油断できない曲者がズラリ。再び取りこぼしてしまうことも考えられるのではないか。

 そしてもうひとつ、これまで5勝のうち4勝はマイル戦。この2戦の2着は距離が原因だとすれば、2000m戦となる今回はさらに距離不安が生じるのではないだろうか。それらの疑問について、野口記者はこう反論した。

「まず、道中は折り合いがついているので、距離が敗因ではありません。そして、詰めの甘さも解消されています。前走は完全に勝ちパターンだったにもかかわらず、最後にかわされてしまったのは、どうやら手応えよく上がっていっても、いざ騎手が追い出すと反抗するところがあるみたいなんですよ。あのデムーロ騎手ですら、そこには手こずっているぐらい。レースに前向きになってくれれば、大きいところをいつ勝ってもおかしくありません」

 今や、仕上がりも早くなったアストラエンブレム。使おうと思えば、3週前のGIII関屋記念(8月13日/新潟・芝1600m)にも使えたという。僚馬ロードクエストとの使い分けという事情もあったのだろうが、陣営としては「より自信のあるほう」として、今回のレースを選んだという経緯もあるそうだ。

「厩舎、オーナーサイドともに『GIに出さないといけない馬』という認識は一致しており、ここでの結果次第では、秋はGI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)へ、という青写真が描かれているようです。先週は坂路コースで1番時計を計測するなど、バリバリ乗り込まれています。状態のよさなら、過去一番じゃないでしょうか」 サトノダイヤモンド、マカヒキ、ディーマジェスティら有力馬がハイレベルなレースを披露し、「最強世代」とも言われた現4歳世代。”遅れてきた大物”がいよいよ表舞台の階段を駆け上がっていくのか。アストラエンブレムにとって、まさに新潟記念はその試金石となる。

■競馬 記事一覧>>