【今週デビューの注目馬】

☆レッドヴァール

 2017年9月3日(日)小倉第5R芝1800m戦に出走予定のレッドヴァール。馬名の由来は「冠名+北欧神話に登場する誓いの女神の名」。牝、鹿毛、2015年2月20日生。栗東・松田国英厩舎。父ディープインパクト、母レッドヴァージン、母父Distorted Humor。生産は千歳市・社台ファーム、馬主は東京ホースレーシング。愛馬会法人・東京サラブレッドクラブの募集馬で総額4200万円。本馬は、母系の影響が強く出ており、馬体に幅があり各パーツしっかりとした造りでパワフルな走り。牝馬としては腹袋がしっかりとしており、食いに心配はなさそうだ。パワフルな走りからダートでも良さそう。なお、鞍上には浜中俊騎手を予定している。

☆スズカフェラリー

 2017年9月2日(土)札幌第5R芝1500m戦に出走予定のスズカフェラリー。馬名の由来は「冠名+人名より」。牝、鹿毛、2015年4月2日生。栗東・橋田満厩舎。父スズカフェニックス、母スズカフォイル、母父フレンチデピュティ。生産は浦河町・辻牧場、馬主は永井啓弍氏。近親には、14年チャンピオンズC(G)や15年帝王賞(Jpn)など、G(Jpn)を10勝したホッコータルマエ(父キングカメハメハ)がいる。本馬は、弾力があるなかにも柔軟性があり、全身ゴムまりのような筋肉の持ち主。四肢が伸び、ダイナミックなフットワーク。特にトモの入りが素晴らしく、ひと蹴りの伸びが大きい。来年の牝馬クラシック戦線に乗って来る逸材と見る。なお、鞍上には福永祐一騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。