【今週の予想】

☆新潟6R 3歳以上500万下(芝1800m)

 レッドマジュールは、これまで1400mでしか勝ち鞍がなかったが、ここにきてかかるような行きっぷりがなくなり、折り合いが付くようになったため、マイル戦だった前走で上がり最速タイの脚を使い復活の兆しが見える2着。もともとこのクラスで勝ち鞍があり、状態さえ良ければ十分勝ち負けになる力はある。今回はさらに距離延長となるが、今の本馬ならば1800mくらいあった方が脚を溜められ、直線での末脚は一段とキレが増すだろう。

◎(13)レッドマジュール
○(4)ワンダープチェック
▲(18)ジェードグリーン
△(3)ジュンヴァリアス
△(12)ミネット
△(17)コイヲダキシメヨウ

買い目
【馬単】5点
(13)→(3)(4)(12)(18)
(4)→(13)
【3連複1頭軸流し】10点
(13)-(3)(4)(12)(17)(18)
【3連単フォーメーション】16点
(13)→(3)(4)(18)→(3)(4)(12)(17)(18)
(4)→(13)→(3)(12)(17)(18)

☆小倉9R 鳥栖特別(芝2000m)

 ザクイーンは休み明けの前走で、淀みのない流れを2番手から直線入り口で先頭に立ち押し切りを図ったが、上位陣が後方組だったことからわかるように先行勢には厳しい展開だった。それでも3着に粘ったのはこのクラスでは上位の力がある証拠。今回はそこまで厳しい展開にならないであろうメンバー構成で、如何にも休み明けの仕上がりだった前走から一叩きされて気配はグッと良くなり、今回あっさり勝ち上がる可能性は高い。

◎(1)ザクイーン
○(10)ブライトムーン
▲(7)インターンシップ
△(4)パーシーズベスト
△(12)ミトノグラス
△(11)オーバーカム

買い目
【馬単】4点
(1)→(4)(7)(10)
(10)→(1)
【3連複2頭軸流し】4点
(1)(10)-(4)(7)(11)(12)
【3連単2頭軸マルチ】24点
(1)(10)⇔(4)(7)(11)(12)

☆新潟10R 朱鷺ステークス(芝1400m)

 OPクラスに昇級してからは苦戦しているムーンクレストだが、今回はチャンス到来。左回りは7戦して2勝、掲示板外は揉まれて力を発揮できず13着に敗れた飛鳥Sと中京記念の6着のみ。昨年のスワンSでは、揉まれずにスムーズに競馬ができたこともあり5着と好走。前走は終始外目を回りながら、直線しっかりと脚を使い6着。揉まれずにスムーズな競馬ができれば重賞でも掲示板に載る力があるだけに、OPレースの今回は十分勝ち負けレベル。ようは如何に力を発揮できるかだが、今回は10頭立てと少頭数で揉まれずに競馬ができそう。馬場も新潟最終週で極端なスピード決着にはならず、この馬向きの馬場状態、展開が期待できる。

◎(4)ムーンクレスト
○(8)トウショウドラフタ
▲(5)ワンスインナムーン
△(2)サザナミ
△(6)ノットフォーマル

買い目
【馬単】5点
(4)→(2)(5)(6)(8)
(8)→(4)
【3連複1頭軸流し】6点
(4)-(2)(5)(6)(8)
【3連単フォーメーション】9点
(4)→(2)(5)(8)→(2)(5)(6)(8)

☆札幌11R キーンランドカップ(G)(芝1200m)

 スプリント戦ならモンドキャンノ。マイル戦だと如何に我慢が利くかがポイントになるため、前走のように前へ行ってしまうと終いが伸びない。本馬の卓越したスピードを活かすには、ポジションを気にしないで良いスプリント戦の方がより力を発揮できる。前走から一息入れたことによって、馬体に迫力が増し、ストライドに伸びが出てきており、53kgの斤量なら突き抜けてもおかしくない。

◎(9)モンドキャンノ
○(11)ソルヴェイグ
▲(6)ナックビーナス
△(2)イッテツ
△(4)ヒルノデイバロー
△(10)シュウジ買い目
【馬単】6点
(9)→(2)(4)(6)(10)(11)
(11)→(9)
【3連複1頭軸流し】10点
(9)-(2)(4)(6)(10)(11)
【3連単フォーメーション】16点
(9)→(2)(6)(11)→(2)(4)(6)(10)(11)
(11)→(9)→(2)(4)(6)(10)