アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜二条城にて、花魁モチーフの絢爛なアートを地酒片手に城の庭で

写真拡大

「大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜」が京都・二条城にて2017年10月25日(水)から12月11日(月)まで開催される。

「アートアクアリウム」とは?

「アートアクアリウム」とは、アートアクアリウム アーティストである木村英智が手掛ける、数千匹の金魚を使った水中アートの展覧会。東京・日本橋をはじめ各地で開催されてきた同イベントは今年で開催11周年を迎え、これまでに累計790万人を動員している。

世界遺産・二条城の一般非公開エリアが舞台

今回の「アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜」は、なんと世界遺産でもある二条城の一般非公開エリアで開催。通常は入城できない夜の時間帯、一般非公開エリアの「二の丸御殿中庭」「台所前庭」「台所」という厳かな空間に展示された水槽に金魚や鯉がゆらめき、光・音楽・映像などの最新の演出技術により絢爛豪華な空間を演出する。

また、会場内には、広大な二条城の庭に広がる荘厳で幻想的なアートアクアリウム作品を、京都の地酒片手に、もしくは抹茶と京和菓子を静かに味わいながら眺めることのできる「夜祭BAR」とお茶席も設置される。開放的で幻想的な空間で、アートアクアリウム作品をゆっくりと堪能してほしい。

大政奉還がもたらした芸術の世界に着目

会場には、通常のアートアクアリウム作品の展示に加え、より会場を活かした演出も登場。二条城で行われた大政奉還から150年を数える今年は、この歴史的な出来事をモチーフとしたアートが展示される。

アートアクアリウム史上最大の作品「超・花魁」

本展の目玉の一つでもあるアートアクアリウム史上最大の作品「超・花魁」には、流れ落ちる水が涼しげな水槽の中に、江戸の花街の女たちになぞらえた3,000匹もの金魚が舞泳ぐ。作品は巨大金魚鉢とその周囲を囲む17のアクアリウムで構成されており、煌びやかな7色の照明や映像が、それぞれをより幻想的に演出してくれる。

大政奉還屏風絵図

江戸末期、明治初期、近代文化の各時代における美術の特徴を取り入れた映像を本展のアイコニックなアート「ビョウブリウム」と組み合わせた「大政奉還屏風絵図」は、大政奉還によって起こった日本美術の変遷を表現した作品。

3体のビョウブリウムに描かれるのは、それぞれ江戸末期、明治初期、近代文化の各時代における美術の特徴を取り入れた映像と、本物の金魚による幻想的なアート。京都・祇園祭でおこなわれる屏風祭の文化を取り入れており、屏風巡りをすることで、初めてひとつのアート作品が完結するという大作だ。

屋外展示でしか実現できない大型作品「水戯の舞台」

「水戯の舞台」は、7メートルに渡る巨大な縦型水槽と、8mに渡る広大な平型水槽を組み合わせた、アートアクアリウム史上最大規模の複合作品。縦型水槽の部分は来場者には見えないように3つの水系に分けられており、それぞれ違う環境を欲する種類の魚たちが一緒に泳いでいるような様子が見える工夫が仕掛けられている。後述の特別公演の舞台にもなる、今回のアートアクアリウムを象徴する作品の1つだ。

そのほか、江戸時代から伝わる伝統工芸である江戸切子を用いた「キリコリウム」や、江戸時代に誕生し、明治時代に発展した伝統工芸の九谷焼で制作された「九谷金魚品評」など、日本の伝統と現代技術が融合した作品の数々が楽しめる。

古都京都の華やかな文化を楽しむ“舞”の特別公演も

また、古都京都の華やかな文化を連想させる世界を再現した特設舞台「水戯の舞台」では、劇団荒城の花形・荒城蘭太郎(こうじょう らんたろう)の公演も開催。日本特有の儚い季節を表した旧暦“二十四節気七十二候”をテーマにした「二十四節気七十二候の舞」と、アートアクアリウムの代表作品“花魁”の舞台版とも言える「花魁の舞」が楽しめる。

LINEとコラボレーションした占い企画「金魚姫診断」

開催同日から、「LINE(ライン)」が展開する「LINE 占い」とコラボレーションした企画も実施される。「LINE 占い」のオフィシャルアカウントと友だちになると、個性的な金魚をお姫様に擬人化した占い企画「金魚姫診断」が利用可能となる。そのほか、会場の飲食コーナーにて楽しめるチケットもしくはオリジナルな壁紙が全員に配布される「アートアクアリウムくじ」にも参加出来るので、来場した際は是非合わせて利用してみてはいかがだろう。

オープニングセレモニーには上戸彩が登場

10月25日(水)に開催されたオープニングセレモニーには、同イベントの広報大使を務める女優の上戸彩が登場。アートアクアリウムのディレクターを務める木村英智がデザインした着物に身を包んだ上戸は、「広報大使としてアートアクアリウムに携わることが出来て光栄です。幻想的な世界観や独創的な作品の数々はとても魅力的で、是非多くの方に見て頂きたいと思っています」とコメント。自身もファンだというアートアクアリウムのオススメ作品については、水槽全体を花魁に見立てた「超・花魁」を挙げていた。

開催概要

大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜
期間:2017年10月25日(水)〜12月11日(月)
※初日の一般入場は20:00〜
時間:17:00〜22:00(最終入場21:30)
会場:元離宮二条城(二の丸御殿中庭、台所前庭、台所)
住所:京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
入場料:一般1,500円(税込)、こども(4歳〜小学生以下)1,000円(税込)、3歳以下無料
※小学生以下保護者要同伴。

■アートアクアリウム城 特別公演 “金魚の舞”
開催日程:2017年11月1日(水)〜12月11日(月) ※11月17日は休演
開催時間:
「二十四節気七十二候の舞」18:00〜、19:00〜、20:00〜(1回の公演時間は約10分間を予定)
「花魁の舞」21:00〜
■アートアクアリウム城 特別公演 “芸妓・舞妓の舞“
開催日程:2017年10月25日(水)〜31日(火)
開催時間:19:50〜、20:50〜(1回の公演時間は約10分間を予定)
※初日10月25日は20:20からの公演のみとなる

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:050-5542-8600
※開設期間9月1日(金)から12月12日(火) 8:00〜22:00
[写真付きで読む]アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜二条城にて、花魁モチーフの絢爛なアートを地酒片手に城の庭で

外部サイト

  • カルティエの新店が六本木ヒルズにオープン、香取慎吾がアイコン時計「タンク」から着想した作品展示
  • 「天空のクリスマス」が六本木ヒルズ展望台で - イルミネーションと最新AR技術による“宇宙空間”体験
  • MoMA デザインストア、なんばロフトに大阪初出店 - ミッフィーの形の小物入れなど先行販売も