メラニア・トランプ(Melania Trump)、ドナルド・トランプ(Donald Trump)、バロン・トランプ(Barron Trump) photo : AFLO

ファーストドーターとしてホワイトハウスで育ったチェルシー・クリントン。現在、同じ立場にいるドナルド・トランプ大統領の息子バロンを擁護するコメントをツイートした。その発言がメラニア・トランプ大統領夫人の耳にも届いたもよう。

発端はアメリカのニュースサイト「デイリー・コーラー」に掲載された「そろそろバロン・トランプもホワイトハウスにふさわしい服装を着るべき時期では?」というタイトルの記事。バロンがカジュアルなTシャツにハーフパンツ姿で大統領専用機に乗っていることを批判。「トランプ大統領はいいスーツを着ているし、トランプ夫人はびっくりするぐらい高い服を着ている。バロンは大統領の息子として何の責任もないが、公の場所に出るときにはきちんとした服を着ていいはずだ」と攻撃した。

メラニア・トランプ(Melania Trump)、チェルシー・クリントン(Chelsea Clinton) photo : Getty Images

するとビル・クリントン元大統領の娘チェルシー・クリントンが反応! 「マスコミもみんなももうバロン・トランプをそっとしておいてあげるべき。プライベートな環境で子ども時代を過ごさせてあげるべきだ」とツイート、バロンを擁護した。

これに感謝したのはチェルシーを中傷したことのあるドナルド・トランプ大統領……ではなくてメラニア夫人。「ありがとう、チェルシー・クリントン。子どもたちがみんな、自分らしくいられるように応援することはとても大切なことです」とツイートしている。

かつて、今のバロンと同じように公衆の目にさらされて育ったチェルシー。大統領の子どもだからこそわかる苦労があるみたい。それにしても11歳の息子の服装まで批判の対象にするとは……トランプ政権への風当たりの強さを示していると言えそう。

text : Yoko Nagasaka