まずアノ話をやめるべき!?岡村隆史が「自覚していない」結婚できぬ理由!

写真拡大

 結婚するためにまず頑張るべきこととは?

 ナインティナインの岡村隆史が8月17日深夜放送のニッポン放送「オールナイトニッポン」で、フリーアナの川田裕美を加藤浩次から恋人候補として勧められていることを明かした。

 加藤から川田アナを猛プッシュされた岡村は「機会があったら」と控えめに加藤に返したようだが、川田アナを勧められて以降、彼女の出演番組を見て、「好きかも、って思ってしまう」とかなり意識し始めているようだ。

 ただ、世間からはまず彼女を作るために「大人の艶系サービス店にまつわるトークをやめるべき」という声もチラホラ上がっている。

「大の“大人のサービス店”好きとして知られる岡村は『オールナイトニッポン』でもその種のお店関連のネタを話すのは日常茶飯事。この日も、先日その種のお店に行った帰りに乗ったタクシーの運転手がたまたま番組のリスナーで、その手のお店が好きだったとのことで、お店関連のトークで大盛り上がりしたことを報告。しかも、岡村の自宅についた後もしばらく停車したまま、オススメの店を紹介してもらったりしていたそうです。大人の夜のサービスが好きなのはわかりますが、女性ウケがいいとは思えませんけどね」(エンタメ誌ライター)

 ネット上からも「どんだけ好きなんだよ」「大人のお店トークがカッコイイと思ってるのかな」「何でもかんでも話しちゃうからモテないんだろうな」といった意見が見受けられている。

「ケンドーコバヤシのように艶話を語ることで、男らしさが感じられたりするならばそれがモテる要素になることもありますが、岡村とコバヤシではその手の話をしたところで受ける印象も全然違いますよね。まず本気で彼女が欲しかったら、そうしたお店に行くのは仕方ないにしても、わざわざラジオで話すことは控えめにすべきでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 何でも、川田は過去にバラエティ番組で“大人のサービス”の店はちゃんとお金を払っているから筋が通っていてギリギリ許せると話しており、そういう男性に一定の理解もあるようだ。岡村も安堵していたようだが、それでも、ほどほどにしておいたほうが絶対に身のためだろう。

(田中康)