厳選! 2歳馬情報局(2017年版)
第13回:シルヴァンシャー

 デビュー前の2歳馬を見るうえで、やはり重視するのは、父と母の名前だろう。父である種牡馬の成績はもちろん、母についても、繁殖牝馬として活躍馬を数多く輩出していたり、現役時代に際立つ功績を収めていたりすれば、自然とその馬への注目は増す。

 デビューを控える今年の2歳馬の中にも、「母の功績」によってその動向に熱い視線が送られている馬がいる。シルヴァンシャー(牡2歳/父ディープインパクト)だ。


ディープ×アゼリという超良血馬のシルヴァンシャー

 競馬ファンであれば、この若駒の母について知らない人はいないだろう。母アゼリは、アメリカで現役生活を送り、GIを11勝もした”名牝の中の名牝”である。

 2002年には7連勝を飾って、アメリカ競馬の年度代表馬に輝いた。そして、2010年には殿堂入りを果たしたアメリカ競馬界屈指のヒロインなのだ。

 その彼女が2009年から日本で繁殖生活を送っている。そうして、2015年に生まれたのが、シルヴァンシャー。同馬の育成を担当したノーザンファーム早来の木村浩崇氏は今春、この馬への大きな期待を口にしていた。

「(春の時点で)まだ緩さはありますが、重厚で、かつバネがあって、手応えを感じていますね。厩舎の中でも上位の存在で、これは『キタッ』という手応え。跳びが大きくて、こちらの思っている以上の時計が出てしまうんですよね。調教後の息の入りもいいです」

 アゼリの子は、これまでに日本で3頭がデビューしている。そのうち、2013年生まれのロイカバード(牡4歳)と、2014年生まれのアドマイヤアゼリ(牡3歳)は、シルヴァンシャーと父も同じ全兄である。

 ロイカバードは、重賞で2度3着という結果を残し、素質の一端を見せている。アドマイヤアゼリについても、今春のクラシックには乗れなかったが、2戦目で初勝利を挙げ、今後の飛躍が期待されている。

 それら兄たち以上の活躍が見込まれているのが、シルヴァンシャー。前出の木村氏が続ける。

「兄たちも見てきましたが、それらと比べても(シルヴァンシャーが)一番いいかもしれません。育成ではゆっくり調整していったのですが、すごくよくなりましたね。同じ時期の兄たちより、馬体も大きいです。性格はおとなしいのですが、スイッチが入るとピリッとするタイプ。レースでかかることはないでしょう」

 同馬は、これからデビューを目指して本格的な調整に入っていく。管理するのは、関西の名門・池江泰寿厩舎(栗東トレセン/滋賀県)だ。順調なら、9月デビューの可能性もあるようだ。 母の母国であるアメリカの競馬ファンにもその活躍が伝えられるほど、素晴らしい走りを見せてくれることを期待したい。

■競馬 記事一覧>>