映画版とアニメ版の仗助がそろい踏み!

写真拡大

大人気コミックを実写映画化した『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の公開記念舞台挨拶が8月20日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、山崎賢人と小野友樹が登壇。映画版とアニメ版で主人公・東方仗助を演じた2人がそろい、小野から「ドラララ…!」の指導を受けた山崎が見事にセリフを決めた。

【写真を見る】山崎賢人、小野友樹のジョジョプリントTシャツと会話!

スタンドと呼ばれる特殊能力を持つ仗助が、家族と街を守りために立ち上がる姿を描く本作。小野はなんと「実写版を3回観た」とのこと。このイベントも、小野がツイッターにて「何度観てもグレートだぜ、仗助。仗助の魅力を山崎賢人さんと語り合ってみたいぜ」とつぶやいたことから実現したそうだが、イベント前にすでに交流を深めてしまったという2人。

山崎は「先日、アニメの康一役の梶裕貴さんと神木隆之介くんが出会いまして。それきっかけで、僕と友樹さんも会った」と豪華な“ジョジョメンバー”4人で、卓球や飲み会をしたのだとか。卓球でも仗助の決め台詞「ドラララ…!」を一緒に叫んだそうで、小野も「奇跡の瞬間だった」と喜びを噛み締めていた。

すっかり絆を深めた彼らだが、小野は「僕も僕なりの仗助を演じさせていただいた。三次元として存在する仗助。また違ったアプローチで戦う賢人=仗助を見られたというのは贅沢なこと」としみじみと語る。さらには観ていくうちに「仗助じゃーん!どんどん仗助になっていった」とハマリ度に太鼓判を押すと、山崎も「うわあ、うれしい!」と感激しきりだった。

仗助を演じる上ではいろいろな苦労があったが、とりわけ「ドラララ…!」には悩んだという山崎。小野は「俺もやると決まってからは毎日、『ドラララ…!』の素振りをした」と告白。「ラは、アとウの間くらいを攻める」「アフレコでは靴下も脱いで、足に力を入れた」と小野が指導しながら、「ドラララ…!」と生セリフを披露する一幕も。山崎は「おおー!すごい!」と瞳を輝かせ、指導に従って「ドラララ…!」と気合いの絶叫。見事な決まり具合に、小野も「お前!すごい!成長してる」と大絶賛だった。

小野が着ていたTシャツに描かれた仗助も含めて、和気あいあいとトークする2人。小野も「これ、イチャイチャしてんな」というほどの仲良しぶりに会場も大盛り上がりだった。【取材・文/成田おり枝】