“最強の母”は息子を救えるのか?

写真拡大

 オスカー女優のハル・ベリーが主演&製作総指揮を務めたノンストップアスションスリラー『KIDNAP(原題)』の邦題が『チェイサー』に決定し、9月23日から日本公開されることが明らかになった。

 本作はアメリカで多発する18歳未満の児童誘拐事件という“アメリカの闇”をテーマにしたノンストップアクションスリラー。いつもと変わらない日、いつも訪れる公園で、最愛の息子が何者かによって、連れ去られていった。その光景を目撃してしまったシングルマザーのカーラは、たった一人で息子を救い出すために、“最強の母”へと変貌していく。

 凶悪犯に立ち向かう、美しくたくましいシングルマザーのカーラを演じたのは、オスカー女優のハル。演技派であると同時に、『X-MEN』シリーズや『キャットウーマン』『007/ダイ・アナザー・デイ』など、数々のアクション映画にも出演してきた彼女が、今作では観る者の度肝を抜くカーアクションに挑戦している。
 
 メガホンを取ったのは、鬼才ニコラス・ウィンディング・レフンのデビュー作『プッシャー』のイギリス版リメイクなどを手掛けた新鋭ルイス・プリエト。スピーディーかつ緊迫感溢れる本作は、低予算の作品ながらも全米では5位スタートを記録している。(編集部・石神恵美子)

映画『チェイサー』は9月23日よりユナイテッドシネマアクアシティお台場ほか全国公開