アダム・ゴールドバーグ

写真拡大

リュック・ベッソンが製作・脚本を手掛けたアクション映画『96時間』シリーズをドラマ化した『96時間 ザ・シリーズ』のシーズン2に、アダム・ゴールドバーグ(『FARGO/ファーゴ』『ホワイトカラー』)が出演することが明らかになった。米TV Lineらが報じている。

アダムはレギュラーキャストとして、非常に頭の良く、笑いのセンスもあるコンピューターハッカー、キルロイを演じる。先日当サイトでお伝えしたとおり、ガイウス・チャールズ(ジョン役)、ブルックリン・スダーノ(アシャ役)、モニーク・ガブリエラ・カーネン(ヴラシク役)、マイケル・アービー(スコット役)、ホセ・パブロ・カンティージョ(デイヴ役)、ジェームズ・ランドリー・ヘバート(レム役)の6人がシーズン1で降板。レギュラーキャスト8人のうちシーズン2に続投するのは、主人公ブライアン役のクライヴ・スタンデンとクリスティーナ役のジェニファー・ビールスのみとなっていたが、『スリーピー・ホロウ』への出演で知られるジェシカ・カマチョも、知的な陸軍のキャプテン役で出演が決定しており、アダムはこの三人と共にレギュラーキャストとして参加する。

シーズン1で製作総指揮を務めたアレクサンダー・ケリーが退任し、グレッグ・プレイグマン(『パーソン・オブ・インタレスト』)が後任に決定した2週間後に、レギュラー6人の降板が決定するというショッキングが展開になっていた同作。この降板劇に関して、放送局である米NBCのエンターテイメント・チーフであるロバート・グリーンブラットは、夏のTCA(テレビ批評家協会)のプレス・ツアーで以下のように語っていた。「我々はこの番組の本質をきちんと見定めたのです。そしてそれに注力するようにしました。シーズン2はきっと素晴らしいものになるでしょう」

『96時間 ザ・シリーズ』は、Amazonプライムにてシーズン1が配信中。(海外ドラマNAVI)