『X-ファイル 2016』

写真拡大

世界中で大ヒットした超常現象ドラマ『X-ファイル』の復活版として、米FOXにて2016年に放送された『X-ファイル 2016』。その続編となるシーズン11に、再びあの二人が帰ってくることが明らかになった。米TV Lineらが報じている。

再登場するのは、2016年版でアインシュタイン捜査官を演じたローレン・アンブローズ(『シックス・フィート・アンダー』)とミラー捜査官を演じたロビー・アメル(『THE FLASH/フラッシュ』)。二人は、まるでモルダーとスカリーを見ているかのように正反対なパートナー同士という設定で、6エピソードに出演していた。

以前、クリエイターのクリス・カーターが、アインシュタインとミラーを題材にした『X-ファイル』スピンオフ版のアイデアを途中放棄したとの噂が立っていたが、彼自身は否定も肯定もしておらず、真相は闇に包まれたままとなった。ローレンとロビーのほかには、スキナー副長官を演じるミッチ・ピレッジや、シーズン8から9にかけてモニカ・レイエスFBI捜査官を演じたアナベス・ギッシュ(『ブリッジ 〜国境に潜む闇』)の続役も決まっている。

ローレンは以前、「最高の職場で、もっとこの作品で演じたいって思っているわ。クリスも、主演のデヴィッド・ドゥカヴニーとジリアン・アンダーソンも、本当に才能があって素晴らしいから。この作品に関わることが一番私のやりたいことなのよ」と同作に対する情熱を語っており、シーズン11でもその演技に期待が膨らむ。

10話構成で製作される『X-ファイル 2016』続編のシーズン11は米FOXにて2018年初めに放送予定。(海外ドラマNAVI)