『劇場版マジンガーZ(仮)』追加声優陣 ©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

写真拡大

2018年1月13日から公開されるアニメーション映画『劇場版マジンガーZ(仮)』の追加声優陣が発表。あわせて新たな映像が公開された。

【もっと画像を見る(4枚)】

永井豪の原作をもとに、新作エピソードとしてテレビシリーズ最終回からの続編となる物語を描く同作。マジンガーZや光子力研究所によって世界が平和を取り戻してから10年後の世界が舞台を舞台に、パイロットを離れて科学者となった兜甲児が、富士山の地中に埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇したことをきっかけに訪れる新たな脅威や、再び人類の未来を託されたマジンガーZの激闘が描かれる。これまでに兜甲児役を森久保祥太郎、ヒロインの光子力研究所所長・弓さやか役を茅野愛衣が演じることが明らかになっていた。

新たな声優陣として発表されたのは、上坂すみれ、花江夏樹、高木渉、山口勝平、菊池正美、森田順平、島田敏、塩屋浩三、石塚運昇の9人。上坂は物語の鍵を握る謎の美少女・リサ、花江は兜甲児の弟で天才パイロットの兜シロー、高木は兜甲児の戦友であるボス、山口と菊池はボスの子分、森田はヒロイン・さやかの父・弓首相役をそれぞれ演じる。また島田はのっそり博士、塩屋はせわし博士、石塚は天才科学者Dr.ヘル役にキャスティングされている。

公開された映像では、セリフと共に各キャラクターの劇中シーンが映し出されている。また空を飛ぶマジンガーZの姿も確認できる。

なお同作の公開を記念して、マジンガーZを「超巨大」に実体化させるクラウドファンディング企画『僕らの夢、みんなで創ろう!超巨大マジンガーZプロジェクト』がCAMPFIREで実施中。10月2日まで支援を受け付けている。詳細はCAMPFIREのプロジェクトページで確認しよう。