映画『シュワルツェネッガー/プレデター』より - 一番左のキャラクターがソニー・ランダムさん演じるビリー
 - 20th Century Fox / Photofest / ゲッティイメージズ

写真拡大

 『プレデター』シリーズの第1作『シュワルツェネッガー/プレデター』に、ビリー役で出演していた俳優のソニー・ランダムさんが、現地時間17日にうっ血性心不全のため、米ケンタッキー州の病院で亡くなっていたことが明らかになった。76歳だった。TMZ.comほか複数の米メディアが報じている。

 ソニーさんが『シュワルツェネッガー/プレデター』で演じたビリーは、アーノルド・シュワルツェネッガーふんする主人公ダッチが率いる特殊コマンド部隊の一人。いち早くプレデターの存在を感知し、ナイフを手に戦う姿が印象的で映画ファンからも人気があったキャラクターだった。

 ソニーさんは、同作のほかにも映画『48時間』や『ロックアップ』などにも出演。また政界進出も志し、2000年代にはケンタッキー州知事選挙などに出馬していたがいずれも落選していた。(編集部・井本早紀)