ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 早いもので「夏競馬」の新潟、小倉、札幌開催は前半戦が終了し、この週末からは後半戦に突入します。世間的には、お盆も過ぎて、じわじわと秋の訪れも感じるようになりますね。

 今週は、そんな秋の大舞台に向けて、スターホースが始動戦として出走することも多い札幌記念(8月20日/札幌・芝2000m)が行なわれます。

 1997年から別定のGIIとなり、その年に勝ったエアグルーヴはここをステップにして天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制しました。以来、ここから秋の大一番へ直行する馬が増え、古馬だけでなく3歳馬にとっても、秋の重賞戦線へのステップレースとして確立されてきました。毎年GI級の馬が出走し、夏のローカル開催では唯一のGII競走ということもあって、「夏競馬」最大のビッグレースという位置づけにあります。

 ただ、今年は出走予定だったネオリアリズムが回避して、GI馬がいなくなってしまいました。GI馬が1頭も出走しないのは、アドマイヤムーンが勝った2006年以来ですね。少し残念ではありますが、それでも全体的にはいいメンバーが揃ったと思います。秋へ向けて、楽しみな一戦です。

 まず、中心視されるのは、エアスピネル(牡4歳)でしょうか。昨年のクラシック三冠で皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着という結果を残し、今年に入ってからはマイル戦線で奮闘してきました。ハイレベルな世代のクラシック戦線において、常に上位を争ってきた能力は、並みの重賞なら間違いなく勝ち負けできる存在です。

 今回は久しぶりの2000m戦になりますが、折り合いに苦労するタイプではないですから、問題はないでしょう。実際、春の東京新聞杯(2月5日/東京・芝1600m)では、マイル戦とは思えないような緩いペースでも、まったく問題なく折り合っていました。

 同レースでは決め手の差で3着に敗れていますが、その先のことを考えれば、末脚勝負に徹したことは好騎乗だったと思います。早めに急かしていけば勝っていたかもしれませんが、もしそんな競馬をしたら、それ以降のレースで引っ掛かって、折り合いに苦労するようになっていた可能性もありますからね。そういう危ういところを持っている馬だと思います。

 おそらく、手綱を取っていた武豊騎手もそう感じていたことでしょう。母親のエアメサイアから主戦ジョッキーを務め、この馬の気性、性格を誰よりも理解していますからね。そういう意味では、今回乗り替わってしまうのは、本当に残念でなりません。

 前走の安田記念(5着。6月4日/東京・芝1600m)は、確かにちょっとしたことで勝っていたレースかもしれませんが、運の要素が強く、仕方のない結果でした。

 エアスピネルは、デビューから一貫して武豊騎手が手綱を取ってきました。まさに名手が、ここまで本当にうまく乗って、手も合っていたと思います。僅差で涙を飲んだ朝日杯フューチュリティS(2着。2015年12月20日/阪神・芝1600m)をはじめ、数々の悔しい思いも味わってきたと思いますが、その分、同馬と同騎手とのコンビで大舞台を制し、悲願を達成する瞬間を見たかったですね。

 今回は、ルメール騎手が手綱を取ります。一見、鞍上強化のようにも見えますが、僕はプラスもあるでしょうが、マイナスもあると思っています。

 戦績的には、サウンズオブアース(牡6歳)も格上の存在です。まだ2勝馬ですが、菊花賞、有馬記念、ジャパンカップというビッグレースで2着となった実績は、メンバー中随一と言えるでしょう。

 今回はドバイ遠征後の復帰戦ですが、5月ぐらいから札幌記念での始動を視野に入れて調整してきたようです。秋の大舞台に向けて、さすがにここで目一杯には仕上げてこないと思いますが、休み明けでも走るタイプですし、恥ずかしい競馬はしないと思います。

 今回の鞍上を務めるのは、横山典弘騎手のようですね。それも、楽しみのひとつになります。

 もう1頭、ヤマカツエース(牡5歳)も実績上位の馬です。

 重賞5勝。昨年末の有馬記念(2016年12月25日/中山・芝2500m)では、サトノダイヤモンド、キタサンブラック、ゴールドアクターに次ぐ4着と好走しました。さらに、今春の新設GI大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)でも3着。GI勝ちはないものの、そのクラスに匹敵する実力馬です。

 また、重賞5勝中、4勝が2000m戦。3着に入った前走・大阪杯も2000m戦でした。現状では、最も得意とする距離と言えます。昨年は5着でしたが、当時よりもパワーアップしている印象ですし、メンバー構成を考えても有力な1頭だと言えるでしょう。

 さて、今回の「ヒモ穴馬」ですが、何と言っても鞍上が魅力の、マウントロブソン(牡4歳)を取り上げたいと思います。


名手モレイラ騎手騎乗で注目のマウントロブソン

 その鞍上は、世界的な名手のモレイラ騎手。おそらく、当初は同じ堀宣行厩舎の管理馬であるネオリアリズムに騎乗する予定だったと思います。それが、直前に回避することになって、マウントロブソンへのスライド騎乗となったのでしょうが、同馬にとっては願ってもないことです。

 というのも、この牝系の特質なのか、マウントロブソンは少し難しいところを持ち合わせています。加えて、器用な脚がなく、不利などを食らうと、その影響をもろに受けるタイプです。それだけに、世界のトップジョッキーが手綱を取るのは、普通の馬が乗り替わる以上に、大きなプラスになると思います。

 昨年のクラシック三冠にすべて出走し、皐月賞6着、ダービー7着、菊花賞7着。その結果は、エアスピネルには及びませんが、すべて勝ち馬から1秒以内と、大敗せずにひと桁着順にとどまったことは評価できます。

 能力的には決して低くないと思いますし、こういうタイプは成長すると大化けすることがあるんですよね。今回はもちろんのこと、秋の大舞台に向けても楽しみな1頭です。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>