第5話「激突 ルウム会戦」は9月2日上映開始

写真拡大

 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の第5話となる「激突 ルウム会戦」の劇場上映を記念し、同シリーズの極上爆音上映が決定した。8月26日〜9月1日、東京・立川シネマシティで、第1話「青い瞳のキャスバル」から第4話「運命の前夜」までを各日2話ずつ上映する。料金は1500円で、上映時間は8月22日ごろに劇場公式サイトで発表される。

 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、1979年に放送されたロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」でアニメーションディレクターを務めた安彦良和によるコミカライズ作品を、安彦自らが総監督を務めてアニメ化。全4話構成でシャア・アズナブルの生い立ちが明かされた「シャア・セイラ編」に続く「ルウム編」の幕開けとなる今作では、ザビ家への復讐に駆られたシャアがエースパイロット“赤い彗星”として頭角を現す、一年戦争最序盤の激闘「ルウム会戦(戦役)」が描かれる。

 そのほか、「激突 ルウム会戦」上映1〜2週目の入場者プレゼントが、安彦総監督による描き下ろしミニ色紙に決まった。9月2〜8日はシャア、9〜15日はシャアの妹セイラ・マスが描かれた色紙が配布される。

 さらに、劇場限定プラモデルの販売も決定した。9月2日からは「HG 1/144 ブグ(ランバ・ラル機)劇場限定 リミテッドクリアVer.」、16日からは「HG 1/144 シャア専用ザクII 劇場限定 リミテッドクリアVer.」が、各2000円(税込み)で各上映劇場で発売される。

 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」は、9月2日から全国35館で4週間限定上映。