2回新潟競馬7日目(8月19日・土曜日)予想・橋本 千春
新潟11R「日本海S」芝2200
◎1ゼウスバローズ
○2ペンタトニック
▲5マイネルラフレシア
△4グランアルマダ、6グランドサッシュ
 情報通り馬が走ってくれたら、こんな楽な商売はない。人の2倍、3倍取材しても、それが結果に結びつく保証はない。かくの如し競馬は奥が深い。閑話休題。充実著しいゼウスバローズに期待。とりわけ、マレーシアカップは真骨頂。メンバー最速の上り(33秒2)を発揮、ストロングタイタンのレコードに0秒2差3着と迫り、一発でメドを立てている。マレーシアカップを含む近3戦、上りは最速、この爆発的な瞬発力が武器だ。鞍上も戸崎騎手に強化され、チャンスは大きく広がった。相手は、クラスの安定勢力、ペンタトニックと、オープン下がりのマイネルラフレシア。

新潟10R「苗場特別」ダ1200
◎8アシャカダイキ
○14サヴィ
▲3タガノヴィッター
△7アデレードヒル、11ディオスコリダー
 「心配することがないのが、心配」と、言い切るアシャカダイキをイチ押し。12002戦2勝、斤量52舛魯▲疋丱鵐董璽検青竜S5着も評価できる。後に、ジャパンダートダービーで2着するサンライズソアに0秒6差と迫っており、実力の裏付けは確かだ。これから、まだまだ強くなる3歳馬、ノビシロは大きい。差し切りが決まる。相手は、同じ3歳馬サヴィ。この2頭の前に立ちはだかるのは、現級勝ちしているタガノヴィッター。

小倉11R「TVQ杯」ダ1700
◎9タガノグルナ
○6ビスカリア
▲7タガノヴェローナ
△11キョウワランサー、12ウラガーノ
 本命は、ダートにシフトしてから<2001>と、適性の高いタガノグルナ。2勝の着差は1秒3、0秒6といずれもワンサイドの逃げ切りだから驚きだ。唯一の9着はG掘Ε譽僉璽S、決して悲観することはない。自己条件に戻り、ハンデ53舛覆藉待できる。相手筆頭は、ビスカリア。近4戦、↓着と安定感抜群。この2頭に上り馬の、タガノヴェローナが迫る。札幌11R「札幌日刊スポーツ杯」芝2600
◎9ロードアルバータ
○14アドマイヤウイナー
▲10ウインヴォラーレ
△2レジェンドセラー、13マイネルヴンシュ
 上り馬の、ロードアルバータでもう一丁いける。その前走は、2分0秒3(2000)の好タイムで圧勝。地力強化の跡を見せつけている。もともと、ここまで↓´き|紊醗堕蟯業慣押▲札鵐垢領匹気倭納舛両擇掘5離延長も全く心配無用、ハンデ53舛覆2連勝の可能性は高い。相手は、G供青葉賞3着のアドマイヤウイナー。4か月ぶりの実戦だが実力的に好勝負。逆転候補は、ルメール騎手のウインヴォラーレ。