パーティで女の子に話しかけるには

写真拡大

今もなお"生涯のベスト1"の声多き名作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督待望の最新作『パーティで女の子に話しかけるには』のポスターと予告編が解禁となり、公開日が12月1日(金)に決定! なお、製作国であるイギリスとアメリカでの公開は来年を予定しているため、日本での公開が世界初となる。

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンとたちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが─。やっと出会えた運命の相手と別れなくてはならない、切ないラブストーリーに思わずグっとくる感動的な予告編はは当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

美少女ザンには、『マレフィセント』のオーロラ姫役でアンジェリーナ・ジョリーと共演しスター女優の仲間入りを果たし、ソフィア・コッポラやウディ・アレン監督の新作も控えるなど出演オファーがやまない若手人気ナンバーワンのエル・ファニング。パンク少年エンには、2015年に史上最年少でトニー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優アレックス・シャープ。また、オスカー女優ニコール・キッドマンが元ヴィヴィアン・ウエストウッドで働いていたという、若きパンクロッカーたちを仕切るボス的存在を強烈なインパクトで演じている。

10月に『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の舞台がオリジナルキャストで遂に日本上陸を果たすが、併せてミッチェル監督の本作の来日プロモーションも決定している。

『パーティで女の子に話しかけるには』は12月1日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開。(海外ドラマNAVI)