秋の大舞台を目指す強豪たちが集う札幌記念(8月20日/札幌・芝2000m)。夏競馬で唯一のGII戦とあって、例年GI馬やGIで好走歴があるメンバーが数多く参戦してくる。今年も、そんなGI戦線で上位に食い込んだ馬たちが人気の中心となりそうだ。

 しかしながら、決して馬券的な妙味がないわけではない。過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気はわずか2勝とやや苦戦気味。2009年には二冠(桜花賞、オークス)牝馬ブエナビスタを、7番人気ヤマニンキングリーが下したり、昨年は2000m戦に舞台を移した「マイル王」モーリスを、5番人気のネオリアリズムが負かしたりして、断然の1番人気が敗れる大番狂わせも何度か起きている。

 ならば、今年も穴馬の台頭、伏兵馬が人気馬を下す逆転劇を期待してもいいだろう。そこで、過去10年の傾向をもとにして、北の大地で嵐を起こしそうな馬を探してみたい。

 まず注目したいのが、GIII函館記念(函館・芝2000m)からここに向かってくる馬。過去10年の1〜3着馬のうち、3分の1にあたる10頭が、前走「函館記念組」なのである。2013年の札幌記念は函館での開催となったが、1着から3着まで函館記念組が独占している(1着トウケイヘイロー、2着アスカクリチャン、3着アンコイルド)。

 舞台はともかく、何より興味深いのは、函館記念で好走しながらも人気にならない馬たちが穴をあけていることだ。

 実は、先述の2013年では函館記念の1〜3着馬(1着トウケイヘイロー、2着アンコイルド、3着アスカクリチャン)が、そのまま札幌記念でも1〜3着に入っている。にもかかわらず、函館記念を勝ったトウケイヘイローこそ2番人気だったが、アスカクリチャンは8番人気、アンコイルドは14番人気の低評価だった。

 また、2015年に3着入線を果たしたダービーフィズも、直前の函館記念を制していながら、4番人気の評価にとどまっていた。

 であれば、今年も函館記念で好走しながら、軽視されそうな馬を狙いたい。食指が動くのは、タマモベストプレイ(牡7歳)と、アングライフェン(牡5歳)である。


前走の函館記念で2着と好走したタマモベストプレイ

 前者は直前の函館記念で2着、後者は4着と好走した。しかし、今回新たに参戦してくる実績馬たちに押されて、人気は上がりそうにない。函館記念でのレースぶりを考えれば、ここでもう一度、大駆けがあってもおかしくないだけに狙い目だ。

 特にタマモベストプレイは、今年1月にオープン特別の万葉S(1月5日/京都・芝3000m)を制し、GII阪神大賞典(3月19日/阪神・芝3000m)で4着と健闘。GI以外では安定した成績を残しており、今回も上位入線のチャンスは十分にある。

 アングライフェンも、前々走のオープン特別・巴賞(7月2日/函館・芝1800m)でも2着と、北海道開催では好調。その調子を維持していれば、面白い存在と言える。

 札幌記念の穴馬と言えば、「GI大敗からの巻き返し」という点も見逃せない。

 例えば、2016年に4番人気で3着に入ったレインボーラインは、前走のGI日本ダービー(東京・芝2400m)で8着だったが、この舞台で巻き返し。2014年に7番人気で3着となったホエールキャプチャも、GI安田記念(東京・芝1600m)で15着と大敗を喫したあと、見事な逆襲を見せた。

 さらに遡(さかのぼ)れば、2010年に7番人気で3着と奮闘したアクシオンがいる。同馬は前年にオープン入りすると、年末から年明けにかけてGIIIを2勝した。しかし、前走のGI宝塚記念(阪神・芝2200m)では15着と馬群に沈んでしまう。その影響もあって人気を落としたが、レースでは汚名を返上する走りを見せた。

 ということで、今年も直前のGIで大敗した馬の巻き返しを期待したい。それも、重賞戦線でそれなりの実績がありながら、前走の結果によって人気が落ちそうな馬がいい。

 浮上するのは、ロードヴァンドール(牡4歳)だ。

 同馬は、GI初挑戦となった前走の大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)で14着と惨敗を喫した。ただし、その前にはGII金鯱賞(3月11日/中京・芝2000m)で2着、GIII小倉大賞典(2月19日/小倉・芝1800m)で4着と、重賞戦線で好結果を残している。

 その過程は前出のアクシオンに似ている。同馬と同じく、今回はロードヴァンドールが上位に食い込むかもしれない。 北海道の夏を盛り上げる伝統のGII戦。今年も人気上位の有力馬を蹴散らす伏兵馬の激走が見られるのか、穴馬券を握り締めて注視したい。

■競馬 記事一覧>>