主人公・斉木楠雄の同級生は変人ばかり! (C)麻生周一/集英社
(C)2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

写真拡大

 山崎賢人主演で麻生周一氏の人気ギャグ漫画を実写映画化する「斉木楠雄のΨ難」の場面写真が、このほど初披露された。超能力を隠して高校生活を送る主人公・斉木楠雄(山崎)に加え、橋本環奈や新井浩文、吉沢亮らが扮した変人ぞろいのクラスメイトの姿を切り取っている。

 「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の同名人気漫画を、「銀魂」などの福田雄一による監督・脚本で映画化。生まれながらにして強大な超能力を持つ高校生・楠雄は、予期せぬ災難に巻き込まれる日々を送っていた。、やがて、毎年恒例の文化祭を穏便にやり過ごそうとするが、楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美(橋本)や、超能力でも気配が読めない燃堂力(新井)らクラスメイトに絡まれ続け、次から次へと厄介事が降りかかる。

 公開された場面写真は、本作の“カオス”な世界観を存分に感じられるものばかり。校内を舞台にしたカットでは、自分が天下無敵の美少女であることをきちんと自覚している学園のアイドル・心美が、なぜか気になって仕方がない楠雄にしつこくつきまとっている様子を活写。思わずキュンとしてしまう困り顔で熱視線を注ぐ心美に対し、まるで興味なしといった表情を浮かべる楠雄がユニークだ。

 とんでもないケツアゴを持った自称斉木の“相棒”燃堂、中二病にどっぷり浸かり“漆黒の翼”として謎の組織「ダークリユニオン」と戦っている設定の海藤瞬(吉沢)、真面目そうな見た目に反して、実は暴走族の元総長だった窪谷須亜蓮(賀来賢人)らお騒がせトリオを写した1枚も。そのほか、熱血学級委員長・灰呂杵志(笠原秀幸)がお尻を丸出しにして、燃堂から強烈な“カンチョー”をおみまいされているというシュールな光景も確認できる。

 「斉木楠雄のΨ難」は、10月21日から全国公開。