「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーンが女優収入1位

写真拡大

エマ・ストーン(28歳)が、フォーブス誌の発表するランキングで、“世界で最も稼いだ女優”に選ばれた。

2016年公開のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」でヒロインを演じたエマは、過去1年間で2600万ドル(約28億6000万円)の収入を上げたとして、前年トップのジェニファー・ローレンスを抑えて1位に輝いた。

2位には2550万ドル(約28億円)という僅差でジェニファー・アニストンがつけており、今年度は3位にとどまったジェニファー・ローレンスが2400万ドル(約26億円)と続いた。

そして4位にメリッサ・マッカーシー、5位にミラ・クニス、6位にはエマ・ワトソンがランクインしている。

本年度の合計収入で2000万ドルの大台に乗った女優は、昨年度の4人から1人減となる3人にとどまった。