宮迫博之、妻との攻防あかしての全面謝罪で「不貞遊び」は本当に直るか?

写真拡大

 モデルの小山ひかると30代の美容系ライターという、2人の女性との不貞疑惑を8月8日発売の「週刊文春」に報じられた、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之。

 8月12日に出演したレギュラー番組「バイキング」(フジテレビ系)では、2人の女性と宿泊したことは認めつつ、「一線は越えていない」と主張した。2歳上の妻から「何回目や!!」と激怒されたことなどを明かし、「一生かけて償っていく」などと語り、苦しい釈明に追われたものだ。

 疑惑は“オフホワイト”どころか“ブラック”という印象だが、宮迫の窮地は今後もまだまだ続きそうである。

「宮迫さんといえば、過去にも2回、写真週刊誌に不貞疑惑を報じられていますが、その女好きぶりは業界でつとに有名です。まさに派手な女遊びがしたくて芸人になったタイプですからねえ…」(バラエティ番組を手掛ける放送作家)

「バイキング」に出演した際は今回の騒動を機に「更生」を誓ったものの、先の放送作家は言う。

「宮迫さんの女好きに関しては、独身時代、共に派手に遊びまくった兄貴分の松本人志さんも舌を巻くほどですからね。とても、我慢できるとは思えません」

 再び“決死”の不貞劇が報じられるのは時間の問題か!?

(しおさわ かつつね)