園子温監督が挑む!初の連続ドラマ『東京ヴァンパイアホテル』に注目

日本映画界の鬼才・園子温さんが総監督・脚本を手がけたオリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』が、6月よりAmazonプライム・ビデオで配信され、注目を集めている。

園監督といえば、『冷たい熱帯魚』や『地獄でなぜ悪い』など、バイオレンスやエロスを盛り込んだ作品が多く、その過激さから地上波でお目にかかることは少ない。

しかし本作は“放送規制”のないAmazonプライム・ビデオでの制作・配信。園子温監督の“真骨頂”とも言える作品となっている。そのストーリーを少しだけ紹介する。

園子温ワールド全開!完全オリジナル脚本で制作

舞台は、2021年の日本とルーマニア。“地球と人類の滅亡を図る吸血族”と“人類”の戦いの真っ只中だ。

冨手麻妙さん演じる「マナミ」は、22歳の誕生日に突然大量殺人に遭遇してしまう。命からがら逃げた先々で、2つの吸血族の一つである「ドラキュラ族」の「K」(夏帆さん)と、もう一つの吸血族、ネオ・ヴァンパイア族こと「コルビン族」の「山田」(満島真之介さん)から狙われることになる。

マナミはKに捕まりそうになったところで、反ドラキュラ勢力の山田に連れ去られ、彼らが人間を相手に営む「東京ヴァンパイアホテル」に監禁されてしまう。

コルビン族はこのホテルを使ったある計画を企てている。それは、人間の若い男女を大勢集め、食料(人間の血)を生涯確保するという恐ろしい計画だ。人間に世界が終わることを告げ、強力なシェルターでもあるこのホテルの中で生き延びることを選択させる。

マナミの運命はどうなってしまうのか?

ドラキュラ族とコルビン族はなぜ対立しているのか?

そして、人類とヴァンパイアたちの戦いの行方は……?

回を追うごとに増していくスピード感と、解き明かされていく秘密の意外性に、ドンドンのめり込んでしまうかもしれない。

さらに脇を固める豪華俳優陣にも注目だ。ドラキュラ族の一員を中川翔子さん、謎の姫を安達祐実さん、マナミの彼氏を斎藤工さんが演じている。他では見られない、人気俳優たちの狂気に満ちた表情は必見ものだ。

本作に対し、並々ならぬ意気込みで臨んだ園子温監督は、作品の出来栄えについて次のように語っている。

「私としては映画を作るのだというマインドで挑みました。今までのどんな長編映画にも、テレビドラマにもなかったものが出来上がったと自負しています」

Amazonプライム会員限定!全9話“一気見”のチャンス

『東京ヴァンパイアホテル』は、プライム会員限定で全9話公開中だ。「Amazonプライム無料体験」に登録すれば、通常は年会費3,900円、月額にして400円のところ、30日間無料で視聴できるという。

園子温監督のファンの方はもちろん、刺激的な作品に触れてみたいという方、この機会に“一気見”してみてはいかがだろうか。

・Amazon プライム・ビデオ/『東京ヴァンパイアホテル』
(ソーシャルトレンドニュース)

[PR企画:Amazon プライム・ビデオ× livedoorニュース]