夢の大画面4Kテレビが5万円以下で入手できる!チューナー無しをあえて選ぶ新しい選択

写真拡大

自宅のテレビを大画面にしたい! 4K対応にしたい。という人は多い。
しかし、多くの人が価格で断念している。
それもそのはず、50Kクラスの4Kディスプレイテレビだと、10万円以上は覚悟しなければならないからだ。

家計を預かるママともなれば、余計だ、

そんな中、半額以下の5万円ほどでテレビチューナーを搭載しない50インチ4Kディスプレイモデルが登場した。

チューナー無しのモデルと聞くと、テレビを見ることができない。と、思いがちだ。

しかし、実はそんなことは無い。

イマドキは、テレビにもレコーダーやゲーム機器などを接続する家庭がほとんどだ。
実は、これらの機器に搭載されているチューナーを使ってテレビ放送も視聴できるのだ。

筆者の家庭は、あえてこのチューナー無しモニターを購入することで、
半額以下で、50インチ+4Kのテレビ環境を入手した。

そのメリットと活用法について紹介していきたい。

我が家が4Kディスプレイを購入に至った経緯
筆者の家庭は、これまでスペースの問題で、26インチの液晶テレビを利用していた。
夫婦二人で生活しているときはそれでも良かったのだが、子供が生まれ、子供たちと一緒に映像を見るときに、視聴環境に不満を感じることが多くなった。

映画などはやはり大画面でゆったりと見たい。だが使用中のテレビは壊れていないし、リビングに置くスペースもないし、今以上の大型テレビは高いし・・・と、多くの家庭と同様に、二の足を踏んでいた。

そんな時知ったのが、DMMmakeで販売されている50インチ4Kディスプレイの存在だ。
このモデルは、テレビチューナーを搭載していないため、5万円を切る低価格で販売されていた。

実は、筆者の家庭にはPS3とPS3専用地デジチューナー「torne」もあった。
これらを使うと、テレビも、Blu-rayも視聴することができる。

もともと、我が家のリビングにあるテレビも、レコーダー経由で視聴した方が画質も綺麗なこともあり、テレビ入力でほとんど視聴していなかった。
新しい大型ディスプレイをもう一つの部屋に置いて、みんなで楽しむテレビとして利用できると考え、購入に踏み切ったのである。

実際に使って分かったDLNAの便利さ
50インチ4Kディスプレイに、PS3を接続したことで、非常に活用の幅が広がった。
・torneを使った地上デジタル放送視聴と録画
・Blu-ray、DVD、音楽CD再生
・AmazonビデオやYouTubeなどのネット配信サービスの視聴
・ゲーム
以上のことは、PS3を接続するだけで可能となる。

これだけでも、普通に便利なのだが、さらに便利なことがあった。

それは、DLNAと呼ばれるホームネットワーク機能である。

ホームネットワーク機能を使うと、
ディスプレイに接続していたハードディスクレコーダーに、Wi-Fiネットワーク経由でPS3からアクセスできたのである。
特別な設定も必要なく、ハードディスクレコーダーとPS3を同じネットワークに接続していれば使える機能なのである。

ハードディスクレコーダーをPS3で選択すると、そのレコーダーに保存されている録画番組にアクセスすることができるのだ。
また、ハードディスクレコーダーで録画再生しているときにも、PS3からアクセスすることができた。

また、録画番組だけでなく、レコーダーのチューナーにアクセスすることもできる。
実は、torneはBSチューナーに対応していないが、DLNA経由でハードディスクレコーダーのチューナーを利用することで、BSも視聴可能になったのだ。

 今回筆者はPS3を利用したが、DLNAに対応している周辺機器であれば、同様の使い方が可能である。

子供部屋にセカンドテレビ用も格安に
テレビチューナーの付いていないHDMI接続ディスプレイは、筆者のように大画面テレビを低価格で購入という目的のほかにも、子供部屋用のテレビとしても活用できる。

テレビチューナーの付いていないHDMI接続ディスプレイは、大画面にこだわらなければ非常に低価格で購入できるのが最大のメリットだ。
ディスプレイにレコーダーかゲーム機を接続すれば、そもそもテレビ側のチューナーは必要ない。安いので子供がお金を貯めて自分で購入するのもアリだろう。

今回、あえてチューナーの付いていないディスプレイを選択したが、当初の予想に反して、満足度が非常に高かった。

実際にテレビチューナーの付いていないHDMI接続ディスプレイを使ってみると、あらためてテレビ内蔵チューナーは、無くても困らないことを実感した。

昔は、テレビはテレビとしてだけ使っていた。だからチューナーが無いなんて考えられなかった。
しかし、ホームネットワーク環境が整備され、レコーダーやゲーム機でテレビ放送が受信できてしまうため、既存のテレビの必要性は低下していたのだ。

今なら、あえてテレビではなく、価格が安い「チューナー無しのHDMI接続ディスプレイ」をチョイスする、というのも賢い家電の買い方ではないだろうか。
執筆 ちえ