2回福島競馬6日目(7月16日・日曜日)予想・橋本 千春

福島11R「バーデンバーデンC」芝1200
◎(1)ジャストドゥイング
○(9)アルマワイオリ
▲(2)コスモドーム
△(6)トウカイセンス、(7)フミノムーン
 アベノミクスの三本の矢は失敗に終わったが、(先週の)七夕賞はシルク軍団が三本の矢を束ねて優勝(ゼーヴィント)した。本命に推したマルターズアポジーは軍団に目を付けられ、執拗に絡まれ11着に玉砕。悔しいけど徹底された軍団の特攻精神に頭が下がる。凄いなぁ。それを見抜けなかったことに、反省するワタシです。閑話休題。どこから見ても難解だがその中で、キラリと光るものがあったジャストドゥイングに期待。コース実績はメンバー屈指の、<2100>。2着は昨年のバーデンバーデンCだ。近走は12着、12着と不本意だが0秒8差、0秒7差なら決して悲観することはない。得意コースに替わり、(前走比2糎困)ハンデ54舛覆薺死回生の一発がある。相手は、アルマワイオリ。3歳重賞とはいえ再三、勝ち負けして来た実績と実力の持ち主。休み明け3戦目(┃C)で走り頃だ。

福島10R「鶴ヶ城特別」ダ1150
◎(6)アフターバーナー
○(15)サンビショップ
▲(4)ベルエスメラルダ
△(5)ウインオスカー、(10)スーパーモリオン
 勢いに乗る3歳馬の、アフターバーナーでもう一丁。その前走(ダ1300)は1分17秒7の好タイムで圧勝(0秒3差)地力強化の跡を見せつけている。まだノビシロがあるし初勝利を挙げた相性の良い福島なら一気呵成に2連勝達成だ。サンビショップが相手になる。キ着と上昇一途で好勝負必至。

中京11R「名鉄杯」ダ1800
◎(14)カゼノコ
○(4)オウケンワールド
▲(15)マスクゾロ
△(9)センチュリオン、(11)キクノソル
 休み明け3戦目で走り頃の、カゼノコが狙い目。近走は4着、11着と不本意だが不得意の1600辰0秒6差、0秒8差なら巻き返しは十分可能だろう。もともと、破竹の3連勝でジャパンカップÐÐを制した実力の持ち主。条件が大きく好転、ついに復権を果たす。相手は、オウケンワールド。目下、3連勝中と飛ぶ鳥を落とす勢い。

函館11R「函館記念」芝2000
◎(1)サトノアレス
○(10)ステイインシアトル
▲(7)マイネルミラノ
△(6)アングライフェン、(16)サクラアンプルール

 前哨戦の巴賞を快勝したサトノアレスが返す刀で2連勝を達成だ。誰もが知っている2歳チャンピオン。これからまだまだ強くなる3歳馬で前途は洋々としている。巴賞は「直線抜け出してから遊んでいたように余力のある勝ち方だった」と、陣営はプラスアルファを強調する。注目のハンデも前走から据え置きの54舛世郡待できる。当面の相手は、ステイインシアトル。鳴尾記念を逃げ切ったスピードは脅威だ。※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。