提供:リアルライブ

写真拡大

 STV杯は、1200mの短距離戦です。対戦相手も前に戦っているメンバーが多く、比較しやすいようにも思えますが油断しないで、よく見ていきたいです。

 対戦成績や近走の持ち時計では、レーヴムーンが良さそうです。しかし他は、対戦成績や持ち時計を見ると微妙です。スタートや枠順だけでも結果は変ってきそうな雰囲気。

 また、持ち時計では、ミスドバウィも悪くありませんでした。近走で、1400mを走って来た馬で見比べてみるとミスドバウィ、ライトフェアリー、ワカコマタイヨウが東京の1400mを同じようなタイムで走っています。この中では、前走函館52kgで2kg軽くなっていますが前残りでワカコマタイヨウが勝っています。そうなるとUHB杯で3着だったライトフェアリーに肉薄しますし、ミスドバウィにも近い存在の可能性があります。

 そして、ワカコマタイヨウは、3走前にダート中山1200mが1分12秒6でした。これは、マイネルエスパスの3走前の中山1200m1分11秒7だった事を考えると随分速いタイムです。芝とダートを比べるのは、少し危険ですがマイネルエスパスも侮れない可能性があります。近走はダートが多いのですが2年前は函館の芝1200mで好タイムで勝った事もあります。見落としがちな穴の可能性もあります。

 ここは、近走で、好タイムの好実績のレーヴムーン。前走好タイムで勝ったエリシェヴァ。道新スポ杯の前走は、少し外を回りながらも末脚で3着になったイキオイ。少頭数なら後ろからでも上手く行けるかもしれません。そして、穴で、マイネルエスパス。

◎(11)レーヴムーン
◯(10)エリシェヴァ
▲(5)イキオイ
△(2)マイネルエスパス

ワイドBOX(11)(10)(5)(2)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。