育毛剤で頭皮が痒くなるって本当?

写真拡大

育毛剤を使うと、頭皮が痒くなる場合があります。

今回は、育毛剤で痒くなる原因について解説します。

育毛剤が生じさせる痒みとは

育毛剤を使った後に頭皮が痒くなるというのは、実はよく見られる症状です。
育毛剤の使用後に生じる痒みには、複数の原因が考えられます。

特によく見られる痒みの原因には、「使い方を間違っている」ことと、「頭皮との相性が悪い」ことがあげられます。

使い方を間違っている

育毛剤の使い方でよく間違えてしまうのは、適量以上の量を塗っているということです。

育毛剤には頭皮を活性化させるための刺激成分も含まれていますので、分量を間違えると痒みの原因になります。

次に問題になるのが、育毛剤を使った頭皮マッサージの仕方です。

頭皮に強い刺激を与えることが、発毛につながると勘違いしているため、爪を立ててマッサージしたり、硬いブラシで叩いたりして頭皮を傷つけていることで、痒みが生じている場合も多いです。

頭皮との相性が悪い

使い方に問題が無い場合、次に考えられるのは、頭皮と育毛剤の成分との相性が悪いことです。

特に、「エタノール」、「添加物」などは、頭皮に対する刺激が強いため、副作用による痒みが出る危険性があります。

また、「塩化カルプロニウム」に代表される、血行促進成分による血行促進が原因で痒みが生じている可能性もあります。

入浴後など、血行が良くなっている状態で痒みが出る方は、体質的に血行が良くなると痒くなる体質の可能性が高いです。

痒みの原因が育毛剤自体にあると考えられる場合は、直ちに使用をやめてください。

どんな育毛剤に気をつけるべき?

このように、育毛剤による痒みは、配合成分による刺激が大きな要因になっています。
特に、添加物はアレルギー反応が起こりやすいので、要注意です。

添加物には、香料や着色量、防腐剤などがあります。
どの成分にアレルギー反応が出るかは、使ってみないとわかりません。

ですので、事前にパッチテストをすることが大切になります。

刺激に敏感な方は、添加物の使用が少ないタイプの育毛剤ほど、痒みが出るリスクが少なくなります。

また、アレルギーの心配がある方は、アレルギー症状が出た場合に返品対応してもらえるのか、事前に調べておくと良いしょう。