睡眠の質の悪さがアルツハイマーになる原因か 米神経学会誌で発表

ざっくり言うと

  • 睡眠の質とアルツハイマーの関係性が、米神経学会誌で発表された
  • 睡眠障害により脳内に病変タンパク質などが蓄積することが発症の一因という
  • ただし、まだ明らかな因果が確認されたわけではないとも研究者は強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x