ジュラ紀中期の食物連鎖の頂点 恐竜の歯を持つワニだった

ざっくり言うと

  • ジュラ紀中期に食物連鎖の頂点にいたのは、恐竜ではなくワニだったという
  • ティラノサウルスのような歯を持つ、体長約7m、体重1トンの巨大ワニ
  • 強靭な歯で、捕らえた獲物を骨ごとかみ砕いていたとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング