IKKO

写真拡大

3日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、東京都議会議員選挙で落選した自民党・中村彩候補が、敗戦後に語った自民党への苦言に対して、スタジオ出演者から非難の声があがった。

番組では、2日に投開票された都議会選の結果を振り返った。都議会選の目玉のひとつは、昨年議員を引退した内田茂氏のお膝元の千代田区。"都議会のドン"と呼ばれた内田氏から、地盤を引き継ぐ後継者と目された自民党・中村候補と「都民ファーストの会」の新人・樋口高顕候補が定数議席1をめぐって激しい争いを繰り広げた。

結果は、14,418票を集めた樋口候補が当選、中村候補は7,556票と倍近くの票差で落選した。番組では、選挙後のインタビューに答える中村候補のVTR映像を紹介。そこでは中村候補が「報道に取り上げられていた内容も含め、脇が皆様甘いなと思いますね」と前置きし、昨今の自民党議員の問題や騒動が、今回の選挙に逆風になったと恨み節とも取れる苦言を呈した。

VTR後、スタジオの坂上忍は「相当怒ってらっしゃるんでしょうね」と苦笑。コメントを求められたIKKOは「なんで自分が支持したところを罵倒するんですか?」「ちょっと分かんない」と苦言を呈した。

野々村真は「豊田真由子さんのにおいがしてくる」と、元秘書の男性に対して暴言や暴行をしたとされる豊田議員を引き合いに出したが、坂上は「ぼくたちは全然思っていません」と突き放して、笑いを誘っていた。

野々村は、VTRが流れている際、東国原英夫氏らが同様のことを言っていたとバラしたが、東国原氏にも「えー?」と突き放されてしまい、坂上からは「VTRを見ているときにつぶやいているのと、生放送中にしゃべってるのは違いますから!」と注意されてしまうハメに。

なお、中村候補者は2日に自身のTwitterアカウントで「今の国政どう思うか」という質問に対しての回答だったと釈明している。

【関連記事】
落選した自民党新人候補が「脇が甘い」発言を釈明「変な切り取られ方をしました」
フィフィ 都民ファーストの会圧勝の都議会選挙に懸念「小池さんに入れている」
坂上忍 豊田真由子議員の「頭がいい人間」発言に痛烈「アホ」