【今週の予想】

☆中京9R 木曽川特別(芝2200m)

 ルックトゥワイスの勢いは本物。ここまで6戦3勝の戦績だが、その内上がり最速だったレースは4戦。上がり2位のレースは2戦と、末脚には目を見張るものがある。昇級初戦だった前走は、4番手から直線力強く抜け出して、残り100mあたりから流して2着馬に0秒5差を付ける圧勝。上のクラスでも即勝ち負けになる力の持ち主。まだ底を見せておらず、3連勝の可能性は高い。

◎(14)ルックトゥワイス
○(16)ショパン
▲(11)サトノリュウガ
△(2)カラビナ
△(4)ヴァフラーム
△(10)ララエクラテール

買い目
【馬単】5点
(14)→(2)(4)(11)(16)
(16)→(14)

【3連複2頭軸流し】4点
(14)(16)-(2)(4)(10)(11)

【3連単フォーメーション】12点
(14)→(11)(16)→(2)(4)(10)(11)(16)
(16)→(14)→(2)(4)(10)(11)

☆中京11R CBC賞(GIII)(芝1200m)

 馬場状態でガラリと着順が変わりそうなメンバーだが、ここは全天候型トウショウドラフタの一発を狙う。近走はピリッとしないが、前走は久々の掲示板。スタートで隣の馬と接触した上に、道中はややかかり気味に進み、終始外を回るロス。直線では大外へ進路を取り伸びるが、残り200mを切ったあたりから脚が鈍り5着。ロスが多く消耗の激しい内容だっただけに5着でも十分評価できる。今回如何にロスなくスムーズな競馬ができるかだが、そこは策士・横山典弘騎手。アッと驚く騎乗に期待する。

◎(9)トウショウドラフタ
○(7)シャイニングレイ
▲(3)メラグラーナ
△(12)アルティマブラッド
△(18)トーセンデューク
△(2)ティーハーフ

買い目
【馬単】6点
(9)→(2)(3)(7)(12)(18)
(7)→(9)

【3連複1頭軸流し】10点
(9)-(2)(3)(7)(12)(18)

【3連単フォーメーション】16点
(9)→(3)(7)(12)→(2)(3)(7)(12)(18)
(7)→(9)→(2)(3)(12)(18)

☆福島11R ラジオNIKKEI賞(GIII)(芝1800m)

 ここ10年でフルゲートにならなかった年は僅か1回。その1回は2番人気→3番人気→1番人気と堅い決着であったが、今年はどうもそうはいかないようなメンバー構成。ただでさえハンデ戦で難しい上に、核となる中心馬不在の大混戦。実績から考えればライジングリーズン、サトノクロニクル、マイネルスフェーンあたりであろうが、ここは2戦2勝のセダブリランテスに期待する。デビュー戦はダート戦であったが、直線離れた4番手から最速の上がりを使って差し切り勝ち。前走は骨折明けの上に、初芝、初の左回りと初物尽くしであったが、中団から徐々にポジションを上げ、直線ではメンバー中2位の上がりを使い見事優勝。それもムチは使わず、周りの様子を見ながら追って、残り50mあたりから流してだから着差以上に強い競馬。まだキャリア2戦でこれだけの競馬ができるのだからポテンシャルは相当なもの。ハンデも54kgと他の500万下条件の勝ち馬より1kg重く、それこそハンデキャッパーがその力を認めている証拠。3連勝で重賞初制覇を決める。相手本線は、先行力が魅力のニシノアップルパイ。前走は直線早々と先頭に立ち、残り200mまで先頭を守ったが、道中のペースがやや速かったため、一杯になってしまった。それでもガクンとスピードが落ちることなく、勝ち馬から0秒6差の5着に粘ったのは評価できる。今回は福島の小回り1800m戦と、前走のような競馬ができれば粘り込む確率は高いと見る。▲はサトノクロニクル、以下、クリアザトラック、マイネルスフェーン、ライジングリーズンまで。

◎(11)セダブリランテス
○(3)ニシノアップルパイ
▲(6)サトノクロニクル
△(12)クリアザトラック
△(4)マイネルスフェーン
△(5)ライジングリーズン
好調教馬(11)(5)買い目
【馬単】6点
(11)→(3)(4)(5)(6)(12)