慰安婦像を公共造形物として管理「国宝に指定しよう」の声も

ざっくり言うと

  • ソウルにある慰安婦像が「公共造形物」として管理されることになった
  • 「都市空間芸術委員会」の審議を経て、占用許可の対象となるようにされた
  • ネットでは「本当によかった」「国宝に指定しよう」などの声が上がっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x