提供:リアルライブ

写真拡大

香川早苗(28歳・仮名 婦人服販売員)

 私の彼はとにかく髪の毛が大好きで、ハグされた時は匂いを嗅ぐだけでは満足せず、舌で髪の毛を舐め回すほどでした。

 その舐め方もペロペロ程度ならば可愛いのですが、舌をグルングルンと回転させながら、まるでパスタを絡めるかのような動きで口に入れるのです。そのせいで、私の髪はベチョベチョになり、シャンプーと唾液の匂いが混ざり合った不快な香りも漂うこととなります。

 そのため私は、シャワーを浴びられる状況の時にしか、髪の毛を舐めないでほしいと彼に伝えていました。そのお願いを彼はちゃんと受け入れてくれましたし、たまに髪を舐められるぐらいなら我慢もできました。

 でもある日、私が「明日美容院に行く」と伝えると、彼は「その前に少し髪の毛を分けてほしい。どうせ切るならいいでしょ?」と、私の髪の毛を欲しがったのです。

 彼は髪の毛を手元に置いておきたいのかなと思いました。しかし目的は予想と違ったのです。

 彼は自宅に来て、セルフカットのハサミで、私のロングヘアーだった髪を切り取ると、それを新品のゴミ袋に入れました。そしてその髪をどうするのかと聞くと、醤油を作るというのです。たしか人毛から醤油を作るという方法は昔からあり、ネットでも塩酸で煮た後にアルカリ性で中和させるといったレシピが、たくさん書いてあります。でもさすがに、私の髪の毛をわざわざ貰いにきて、それをこの人は本格的に食べるんだと考えたら、さすがに怖くなってしまったんです。

 その髪の毛は渡しましたが、その後、あまり連絡を取らなくなって自然消滅。彼はお刺身が好きな人でしたから、もしかしたら今も、髪の毛で作った醤油を使って食べているかもしれません。

(取材/構成・篠田エレナ)写真・qmnonic