提供:リアルライブ

写真拡大

 水不足というニュースを耳にするのですが重馬場を走って来た馬が多いような気もしますね。

 その中でも目を引くのがハクサンルドルフ。前走の東京ではタイムが出やすい馬場ではありますが上がり32.2秒は、メンバー最速で惜しくも2着。3走前の難波Sでは、阪神の1800mで、上がり33.0秒で差し切っています。走破タイムもこの時期なら好タイム。阪神競馬場で、馬券圏外から外れた事はありません。

 そのハクサンルドルフに難波Sで差し切られてしまったミエノサクシードですが前走は京都の1800mで、差し切って勝ってきました。この馬も阪神では好成績が目立つ馬で、今回はリベンジとなります。

 次いで、シルバーステート。現在3連勝中で、前走は、ただ回って来ただけのような走りで余裕のある勝ち方でした。それよりも2走前の上がり32.7秒の末脚。京都なのでどの馬も上がりタイムは速くなるのですがそれでも好タイムです。まだ、走破タイムの好タイムはありませんが絶好調のようです。

 それと、ここ3戦は重馬場で、実力を出せなかった可能性があるクリノラホール。重馬場3連戦までは3連勝していた馬で、阪神1800mでも、悪くない実績タイムがあります。

(2)◎ハクサンルドルフ
(3)◯ミエノサクシード
(7)▲シルバーステート
(6)△クリノラホール

ワイド BOX(2)(3)(7)(6)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。