【今週の注目馬】

☆アドマイヤビクター

 2017年6月25日(日)阪神第5R芝1800m戦に出走予定のアドマイヤビクター。

 馬名の由来は「冠名+優勝者」。牡、鹿毛、2015年2月8日生。栗東・友道康夫厩舎。父ルーラーシップ、母ツィンクルヴェール、母父サンデーサイレンス。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は近藤利一氏。2015年セレクトセール当歳市場において5616万円(税込)で落札された。

 祖母は94年桜花賞(GI)で2着に入ったツィンクルブライド。叔父には04年デイリー杯2歳S(GII)や05年シンザン記念(GIII)を勝ったペールギュント(父サンデーサイレンス)がおり、半兄にはダート中距離戦で4勝を挙げているエアカミュゼ(父キングカメハメハ)がいる。

 本馬は、胴伸びが良く、締まった体つきは如何にも長い距離が合いそうなシルエット。トモには弾力があり、良質な筋肉が付いている。胸前が深く、心肺機能も高そうだ。精悍な顔立ちで学習能力も高そう。動きは柔らかいが、パワフルでダートでも行けそうだ。なお、鞍上にはC・ルメール騎手を予定している。

☆イベリア

 2017年6月25日(日)阪神第5R芝1800m戦に出走予定のイベリア。

 馬名の由来は「ヨーロッパ南西部の半島」。牡、黒鹿毛、2015年1月15日生。栗東・橋田満厩舎。父ディープインパクト、母アドマイヤアモーレ、母父Fusaichi Pegasus。生産は新ひだか町・グランド牧場、馬主は森田藤治氏。2015年セレクトセール当歳市場において3780万円(税込)で落札された。

 母は3勝を挙げ、1600万クラスまでいったアドマイヤアモーレ。本馬はまだ腰高ではあるが、馬っぷりが良い。繋ぎはクッション性が良く、動かすと軽さがありバネを感じる。ディープインパクト産駒らしいキレのある脚が使えそうだ。なお、鞍上には岩田康誠騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。