【極秘情報】驚安の殿堂「ドン・キホーテ」の誰も知らない秘密9選 / 日本円じゃなくても買い物可能!!

写真拡大 (全9枚)

ドン・キホーテ」といえば、言わずと知れた激安ディスカウントストアですよね。日本国内で親しまれているだけでなく、海外から日本に観光でやってきた人がお土産を買う定番のお店としても知られるようになりました。今やドン・キホーテは日本を代表するディスカウントストアなのです。

ドン・キホーテの極秘情報を発表!

今回はそんなドン・キホーテにまつわる知られざる秘密をドドンと大発表! 未だ誰も知らなかった意外な真実が明らかに……? もしかしたらドン・キホーテでの買い物をもっと上手にできるようになるかもしれませんよ。

驚安の殿堂「ドン・キホーテ」の誰も知らない秘密8選

1. 計算された陳列方式

ドン・キホーテでは隙間なく商品を並べ、通路が非常に狭く、買いたいものを探すのに苦労してしまったり、店内で迷ってしまったりすることも多いですよね。しかしこれは故意に行われた陳列方式であり、計算され尽くした方法なのです。

この陳列方法は「圧縮陳列」と呼ばれていて、目当ての商品を探し出させる宝探し的な要素を盛り込ませると同時に、買おうと思っていない商品にも目を向けさせるという意図があります。ドン・キホーテに行くと余計な物を買ってしまうと言う人が多いですが、これはすべてドン・キホーテ側の計算通りというわけなのです。

2. イメージキャラクターは社員の手描きイラストから生まれた

ドン・キホーテの公式イメージキャラクターはペンギンを模した「ドンペン」ですが、こちらをデザインしたのはイラストレーターでもデザイナーでもなく、なんと一般社員なのです。

もともとは手描きのポップに描かれた落書きレベルのイラストだったのですが、評判が良かったことから使用頻度が増え、あっという間に公式マスコットキャラクターへと成り上がったのでした。

3. テーマソングも社員が歌っている

ドン・キホーテといえば店内で流れるオリジナルのテーマソングが特徴のひとつ。「ドンドンドン、ドンキ〜」のメロディは一度聴いたらなかなか頭から離れない中毒性がありますよね。

実はこの曲を作詞作曲し、実際に歌っているのもドン・キホーテの一般社員の田中マイミさん。とは言っても音楽の素人だったわけではなく、もともとミュージシャンとして活動をしていたためで、田中さんが「テーマソングを作ってみては」と会社に提案した際に、ミュージシャンなのだから自分で作ってみては?と逆提案されたことにより、実際に曲が制作されたそうです。

ちなみに田中さんは現在、ドン・キホーテで本部長の役職に就いているそうです。すごい!

4. テーマソングは外国語バージョンもある

ドン・キホーテのテーマソング『ミラクルショッピング』には外国語バージョンも存在します。現在確認されているのは英語、韓国語、中国語バージョン。外国人客の利用が多い店舗では外国語バージョンも流されることがあるのでぜひ耳を傾けてみてください。

5. テーマソングはファンが歌詞を作ったバージョンもある

ドン・キホーテのテーマソング『ミラクルショッピング』にはファンが歌詞を作った自作バージョンも存在します。「トントントントンキーン♪ トンキンホーテー♪」など、たくさんの歌詞がインターネット上に掲載されています。

6. もう少しで47都道府県制覇

ドン・キホーテは徳島県、高知県を除く45の都道府県に店舗を出店しています。どちらもまだ今後の出店予定はないそうですが、この2県にドン・キホーテが出店すれば、見事47都道府県制覇となります。

7. セレブ向けのドン・キホーテがある

東京の高級住宅地として有名な白金台には、セレブ層に向けた高級ドン・キホーテ「プラチナ ドン・キホーテ」があります。外観からしてゴールドとシルバーに色が統一され、従来のドン・キホーテとはまったくの別物。しかし店内は高級な商品ばかりを扱っているというわけではなく、激安の商品も扱っているため、ドン・キホーテっぽさをしっかり感じることができるはずです。それにしても驚安の殿堂なのに高級店って……。

8. ドン・キホーテ前身の店舗の名前

ドン・キホーテの創業者・安田隆夫氏は1978年にドン・キホーテの前身とも言える店舗「泥棒市場」を出店しています。量販店で泥棒市場っていかがなものなのでしょうか……。

9. 外国通貨で買い物ができる

ドン・キホーテは海外からのお客さんが多いからか、なんと外国通貨でも買い物をすることができるようになっています。米ドル、ユーロ、人民元、韓国ウォン、タイバーツ、香港ドル、台湾ドルなど、主要な通貨はたいてい使用可能で、しかもお釣りは日本円で返ってくるという非常に便利なシステムなのです。

海外旅行のあとで余っている外国通貨があれば、両替をするのではなくドン・キホーテで買い物をしてしまってもいいかもしれませんね。

ドンキでの買い物を楽しもう!

以上、驚安の殿堂「ドン・キホーテ」の秘密9選をお届けしました。ドン・キホーテは今後の中国への出店を計画したり、新しい業態の店舗を展開したりする予定だそうで、まだまだ規模が大きくなっていきそうな気配です。

あぁ……ドン・キホーテについてまとめてたら無性に買い物がしたくなってきたぞ……! 買いたいものは何もないけど、ドンキで買い物してこようっと!

■執筆・監修:Mr. Fox執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/