和歌山県の小学校でサポウイルスの集団感染 45人が症状訴え

ざっくり言うと

  • 和歌山・海南市の市立小学校でサポウイルスの集団感染が発生した
  • 児童44人と20代の女性教諭1人の計45人が嘔吐や下痢などの症状を訴えた
  • 重症者はおらず、全員快方に向かっているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x