産業技術総合研究所のプレスリリースから

千葉県が地球約46億年の歴史に「チバニアン」と名前を刻むかもしれない。

茨城大や国立極地研究所らによる研究チームが2017年6月7日、千葉県市原市田淵の地層「千葉セクション」を地質時代の区分を示す「基準地」(GSSP)とするよう、国際地質科学連合の専門部会に申請した。

申請が審査を通過すれば、約77万〜12万6000年前の地質年代が「チバニアン」と呼ばれるようになる。これまで、地質年代に国内の地名が用いられたことはない。

ツイッターでは、「チバニアンwwww」「チバニアンってちょっと可愛い笑」といった反応に加え、あの人気キャラクターの動向を気にする人が続出している。

磁場反転だけど、「ジバニャン」とは関係ない


日本地質学会の地質系統・年代の日本語記述ガイドライン

地球の歴史は「白亜紀」「ジュラ紀」「カンブリア紀」などと、複数の地質時代で区分される。千葉県市原市の「千葉セクション」には、約77万年前に地球の磁気が南北で逆転したことを示す地層がある。研究チームはそのため、約77万〜12万6000年前の「第四紀中期更新世」と呼ばれる地質年代のGSSPにこれを認定するよう専門学会に申請したのだ。仮に認定された場合、ラテン語で「千葉の時代」を意味する言葉「チバニアン」がその年代の名称となる。


産業技術総合研究所のプレスリリースから

日本の他、イタリアが南部の2カ所の地層を申請している。同会は日伊のデータを審査し、2018年中にも年代名を正式決定する見通し。


産業技術総合研究所のプレスリリースから

日本が7日に申請すると、ツイッターでは

といった声が飛び交った。

子どもに大人気のゲーム「妖怪ウォッチ」の主人公「ジバニャン」と結び付けて

とする声も上がった。