3回東京競馬4日目(6月11日・日曜日)予想・橋本 千春

東京11R「エプソムカップ」芝1800
◎(10)アストラエンブレム
○(6)デンコウアンジュ
▲(9)クラリティスカイ
△(1)マイネルミラノ、(2)フルーキー、(14)タイセイサミット
 満を持して出走する、アストラエンブレムに期待する。メイSはタイセイサミットの前に2着(クビ差)と後塵を拝しているが2.5曾鼎ぅ魯鵐任鯒愽蕕辰討い燭海函▲┘廛愁爛ップを見据えたステップレースだったことを考えると、勝ちに等しい内容だ。1度使われて上積みは大きいし、定量戦なら斤量の軽い馬に脚元をすくわれる心配もないだろう。飛躍の4歳を迎えて完成の域に近づいてきたが、「まだ満タンになっていない」(小島茂調教師)というからノビシロは無限大だ。指揮官の小島茂師は、「長く脚を使えるから、後ろを待たずに自分から動く競馬が合っている」と、勝利をイメージするが、デムーロ騎手ならその辺は抜かりがないハズ。万難を排して1日前に東京競馬場に移動する、用意周到さ。大いに期待したい。相手は、紅一点のデンコウアンジュ。ヴィクトリアマイル2着だけ走れば好勝負必至。

東京10R「多摩川S」芝1600
◎(10)メートルダール
○(11)キロハナ
▲(5)デルカイザー
△(1)ストーンフェア、(3)ハクサンルドルフ、(8)マリオーロ
 ここでは実績、実力ともメートルダールが一歩リードしている。アメジストSで現級勝ちしているのをはじめ、重賞3着3回(京成杯、共同通信杯、新潟大賞典)は、メンバー屈指。トップハンデ58舛歪賣呂嚢酩する。また、初めての1600辰眥樟の長い東京(ここまで3勝)なら心配無用。人気でも素直にこの馬から入るのが賢明だろう。当面の相手は上り馬の、キロハナ。目下、2連勝中と破竹の勢いで侮れない。

東京9R「小金井特別」ダ1400
◎(9)インフェルノ
○(12)チュラカーギー
▲(6)リスペクトアース
△(7)ダノンフェイス、(8)タケルラグーン、(16)フクノグリュック
 遅れてきた大物、インフェルノでもう一丁いける。真骨頂は前走の500万条件。1年8か月のブランクをものともせず、ワンサイド(0秒9差)で逃げ切り勝ちだ。並みの馬に出来る芸当ではない。中1週で使えるのは状態が充実している証しでもあり、ここはあくまで通過点に過ぎない。相手は、チュラカーギー。現級は舞浜特別を圧勝(0秒7差)している格上の存在。降級すれば好勝負必至。

阪神11R「マーメイドS」芝2000
◎(11)ビッシュ
○(10)マキシマムドパリ
▲(4)クインズミラーグロ
△(1)アースライズ、(2)バンゴール、(5)トーセンビクトリー
 条件馬だが実力は重賞レベルの、ビッシュをイチ押し。昨年のオークス3着馬で、紫苑Sはヴィブロス(秋華賞)を0秒4差突き放し、子ども扱いしているのがその証し。瞬発力はまさに男勝りの形容がピッタリする。ヴィクトリアマイルをパスして、状態もパーフェクトに近い。となれば、チャンス(初重賞制覇)は十分ある。相手は、マキマムドパリ。大阪城Sは13着と不完全燃焼に終わっているが、放牧を挟み反撃態勢は整った。メンバー最速の上り(35秒0)で突き抜けた、愛知杯の再現も夢ではない。※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。