今週デビューの注目馬は、6月11日(日)東京第6R芝1600m牝馬限定戦に出走予定のホーリーレジェンド。

 馬名の由来は「聖なる伝説」。牝、栗毛、2015年4月21日生。美浦・栗田博憲厩舎。父アイルハヴアナザー、母セイングレンド、母父バブルガムフェロー。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は吉田勝己氏。近親には15年宝塚記念(GI)、天皇賞(秋)(GI)を勝ったラブリーデイ(父キングカメハメハ)がいる。本馬はアイルハヴアナザー産駒としては柔らかみがあり、可動域が広め。頸を使った走法で、この時期としてはしっかりとしたフォームで走れている。初戦からやれそうなタイプ。なお、鞍上には内田博幸騎手を予定している。

 もう一頭の注目馬は、6月11日(日)阪神第5R芝1200m戦に出走予定のローズマリア。

 馬名の由来は「父名の一部+母母母名より」。牝、黒鹿毛、2015年5月9日生。栗東・松下武士厩舎。父ローズキングダム、母バードオブワンダー、母父グラスワンダー。生産は新ひだか町・本桐牧場、馬主は山田裕仁氏。近親には芝1800mで3勝を挙げたショウナンカンムリ(父ダイワメジャー)や、14年関東オークス(JpnII)で2着に入ったトーコーニーケ(父キングカメハメハ)がいる。本馬は父に似て小柄ではあるが、頸が太く短く、胴が詰まった短距離タイプの体型。胸前は深く、エンジンは良いものがありそう。なお、鞍上には藤岡佑介騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>

ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。