職員ら5人が被ばくした事故 1人の肺から2万2000ベクレルの放射性物質

ざっくり言うと

  • 日本原子力研究開発機構の職員らが核燃料物質の点検作業中に被ばくした事故
  • 職員の1人の肺から、2万2000ベクレルの放射性物質が検出されたと発表された
  • 機構は被ばくした全員を放射線医学総合研究所に搬送し、詳しく調べる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x